2017.05.24

新教科「未来そうぞう」を核とするカリキュラムの開発(大阪教育大学附属平野小学校)

S_p1070664S_p1070679 大阪教育大学附属平野小学校は,今年度から4年間,文部科学省指定の研究開発学校として,新教科「未来そうぞう」を核とする教育課程を計画し,実施し,評価する。この教科は,キャリアとESDを自分自身,集団や社会,社会と環境を内容構成の柱とする,また,それを通じて主体的実践力,協働的実践力,創造的実践力を育む,6年間のカリキュラムとして構想されている。
 本日,この新教科の授業が公開され,それについての協議会が催された。研究授業に様々な工夫があったので,資質・能力,学びの必然性,ゲストティーチャーの可能性,カキュラム評価等々について,学校のスタッフと研究開発学校運営指導委員の間で,多面的な議論が繰り広げられた。

| | Comments (0)

2017.05.23

高等学校の組織的成長

 本日,大阪府立夕陽丘高校を訪問した。昨年度から,同校の学校協議会の委員(座長)を拝命しており,本日,本年度の第1回の会議が催されたからである。学校長やミドルリーダーから,昨年度の学校の取り組みの総括,それを踏まえた本年度の経営計画をお聞きした。いずれも,説得力のある説明であったし,取り組みの発展や進学実績等の成果も確認された。高等学校の組織的成長が進展している,よき事例であろう。第2回の会議は10月に催されるが,その際には授業見学も予定されている。教育学研究者としては,授業の様子にも注目したいと思う。

| | Comments (0)

2017.05.22

学会発表や学会誌投稿のための勉強会

 本日,我が研究室に,かつて実践学校教育専攻で修士論文の作成を指導した3人の元院生がやって来た。それぞれ,学術集会で口頭発表をするとか,学術雑誌に論文を投稿しようとしている。それらに対するアドバイスを私や先輩後輩に求めているのである。この勉強会(自主ゼミ)を毎月1回催しているが,研究デザインについて,かなり密に意見を交換している。教職大学院での指導と異なるベクトルのものであり,頭(気持ち?)の切り替えが必要になるが,元院生の熱意は高く,今日の勉強会でも,よい議論ができたと思う。

| | Comments (0)

2017.05.21

JAETの全国大会の大会企画委員会(第2回)

 本日,日本教育工学協会(JAET)の大会企画委員会が催され,私は,委員長として協議の進行役を果たした。4月の第1回に続く,第2回目の委員会では,現地和歌山の状況(実行委員会,会場校等)を共通理解するとともに,研究発表,企業協賛(出展,各種広告,ワークショップ),チラシやホームページ等々,たくさんの事項を協議した。昨年度の佐賀大会の企画・運営と異なる部分があるので(昨年度は佐賀県教育委員会と共催だったので),それを踏まえて,今年度,そして次年度以降のフレームワークを整えていった(まだ不安定な部分もあるが)。そうした検討が大会の成功に結実することを祈念している。

| | Comments (0)

2017.05.20

うちの大学院生もがんばっているじゃないか

 本日午後,学校実習や実践課題研究成果報告書の作成を指導している院生たちと,それらの進捗状況について協議した。いわゆる修論ゼミに相当するものだ。彼らの取り組みとそれをまとめたレポートは論理的整合性や表現の了解性に欠ける部分が少なくない。だから,今日も,それらを厳しく指摘し合った。
 成果はまだまだであるが,彼らのがんばりは認めてあげたい。それは,彼らのバッグの重さに象徴される。本日のミーティングのために,たくさんの資料を集め,それを読んでまとめるために,バッグに詰め込んでいるのである。ある院生のバッグは,あまりに重くて,私が持ち上げるのに窮した(12キロあるとか)。「うちの院生もがんばっているじゃないか」と感心させられた。

| | Comments (0)

2017.05.19

三重県教育委員会の授業研究推進リーダー育成研修

S_p1070599S_p1070626 三重県教育委員会は,今年度から,「授業研究推進リーダー育成研修」を企画運営している。受講者たちは,年間2回の必修講座に加えて,6月から10月にかけて,4つの研修講座から2つ以上のものを選んで受講する。また,所属校の授業研究等を他の受講者にオープンにして学び合う。
 この研修は,昨年度まで実施されていた校内研修担当者の研修をリニューアルしたものである。新しい要素を入れているので,企画・運営する側も予想外の状況に遭遇してバタバタすることもある。それでもなお,受講者の力量形成のために,研修講座のデザインを刷新する姿勢,そのための工夫等は,必ずや受講者の校内研修への取り組みに再帰するであろう。

| | Comments (0)

2017.05.18

今日もFD活動を推進

 教職大学院の生命線はFD活動であると言われる。要するに,「学び続ける教員」は「学び続ける大学スタッフ」によって生まれ,育つということであろう。
 そうした,よき回路を創るために,私たちの大阪教育大学大学院連合教職実践研究科も,たくさんのFD活動を重ねてきた。今日も,大学院改革についての報告やそれに基づく議論を活動や題材として,今後の教職大学院カリキュラムとその運用について皆で考えた。

| | Comments (0)

2017.05.17

大阪市教育センターによる10年次研修

 今日は,大阪市教育センターによる10年次研修の第1回集合研修であった。四百数十人が大講堂に集い,また,後半は各部屋に分かれて,対象者たちは協議を繰り広げた。私は,ここ数年ずっと,この集いに参加・協力している。本日も,「10年目教員に期待すること-授業づくりを中心に-」というタイトルで講話を提供した。毎年,その内容や構成を改善しているつもりであるが,その改善志向性は,センターの担当スタッフも同じである。彼らもまた,例えばキャリアアップシートを持参してもらったり,研修計画を事前に策定してもらったり,協議のテーマを工夫したりと,10年次研修のスタートが対象者にとって実りあるものになることを願い,様々な取り組みにトライしている。その姿勢は,きっと対象者に伝わるであろう。

| | Comments (0)

2017.05.16

「大阪市学校教育ICT活用事業」モデル校として授業公開(大阪市立滝川小学校で6月20日に)

 大阪市立滝川小学校は,「楽しく学び,意欲的に伝え合う子どもを育てる~協働学習でコミュニケーション能力を育てる~」という研究主題にICT活用で迫ろうとしている。
 同校は,昨年度から,「大阪市学校教育ICT活用事業」のモデル校になった。220人ほどの児童に対して160台のタブレット端末が提供されている(昨年度の児童数)。同校は,6月20日に,タブレット型PCや電子黒板等を活用した授業を公開する。2年「音楽科」・3年「理科」・5年「音楽科」・6年「学級活動」の授業である。また,研究報告や各学年の実践報告も実施される。参加すれば,「主体的・対話的で深い学び」とICT活用の接点を学ぶことができよう。「takigawa_elementary_school_170620.pdf」をダウンロード

| | Comments (0)

2017.05.15

寝屋川市教育研修センターの「研究主任研修会」

S_p1070586S_p1070590 寝屋川市教育研修センターによる「研究主任研修会」は,年間4回催される(うち1回は,他校の校内研修への参加)。本日は,その第1回目が催され,私も協力した。この研修の企画・運営を担当しているのも,私が教職大学院で学校実習等の指導を担当している大学院生=指導主事である。彼と私は,年間4回の研修会で,寝屋川市の小中学校の経験の浅い研究主任が校内研修の企画・運営の見方・考え方を確かにできるよう,連続講座の内容等を考えてきた。本日の参加者の様子からすると,まずまずのスタートが切れたように思う。

| | Comments (0)

«「教育工学的な視点に基づく教師教育プログラムの開発-ハンドブックを主教材として-」のミーティング