2016.08.31

大阪教育大学附属平野小学校の「Open Cafe」

P10105801P1010606 昨日,大阪教育大学附属平野小学校は,「Open Cafe」を催した。これは,同校の地域貢献プロジェクトである。若手教師や教員志望学生のために,附属平野小学校の教師たちが授業を公開し,それをもとにした対話の機会を設定するものだ。
 昨日は,6つの授業が公開され,それを起点とする講習会が設定された。また,講習会終了後には全体会において,飲み物やお菓子をとりながら,フランクに,授業づくりについて意見交換する場=全体会も用意された。30数名の若手教師や教員志望学生が参加し,日頃の悩みを示して,その解決に関して附属平野小学校の教員からアドバイスをもらっていた。4年目を迎えたこの「Open Cafe」,附属平野小学校が大阪の教育にできる貢献アプローチとして定着してきた。

| | Comments (0)

2016.08.29

「大阪市学校教育ICT活用事業」先進的モデル校として授業を公開(大阪市立滝川小学校)

 大阪市立滝川小学校は,今年度から,「大阪市学校教育ICT活用事業」の先進的モデル校になった。220人ほどの児童に対して160台のタブレット端末が提供されている。
 同校は,10月28日(金)の午後等に,タブレット型PCや電子黒板等を活用した授業を公開する。その指導案を拝見する機会を得たが,いずれも,ICT活用と授業改善の接点を見出そうとする,よく練られたデザインであった。教科も,国語,図工,理科,外国語活動とそうした環境を活かした授業づくりに初めて取り組む学校とは思えないほど,同校の教師たちの授業づくりのアイデアは豊かである。これからタブレット端末等を授業に導入しようとする先生方に,よき導入モデルを示してくれるだろう。

| | Comments (0)

2016.08.28

JAETの全国大会の大会企画委員会(第4回)

 本日も,日本教育工学協会(JAET)の全国大会の大会企画委員会が催され,私も参加した(委員長として協議の進行役等を果たした)。今日は,いわゆるプログラム編成がもっとも重要な課題となった。101件の発表を20の分科会に割り振り,座長候補等を定めた。委員のご尽力で比較的スムーズに決まった。
 大会開催まで,あと1月半ほどどなった。当日までにすべきことは,山積みである。しかも,その1つひとつが,関係各所と相談しないと決められない(決めにくい)ことである。なかなか大変であるが,それらも,一騎当千の委員の方々の判断やアクションを頼りに,なんとか進めていくしかない。委員の方々,どうぞよろしくお願いいたします。

| | Comments (0)

2016.08.27

修士論文の中間発表会を終えて(大阪教育大学大学院実践学校教育専攻)

 本日,大阪教育大学大学院の実践学校教育専攻の修士論文中間発表会が催された。各人が,10分で研究の進捗状況を報告し,様々なスタッフから示される質問や意見に答えていく。
 私が,教職大学院に異動した後も,修士論文の作成に関係している大学院生は,11日前の勉強会における予行演習の結果を踏まえて,よいプレゼンテーションスライドを作成し,上手に発表した。練習の成果があった。質問に対するコメントに課題は残ったが,先生方から頂戴したコメントを修論をよいものにするための糧としてとらえ,あと4ヶ月強,がんばってもらいたい。発表会修了後,さっそく今後の方針を相談した。

| | Comments (0)

2016.08.26

また台風かあ--

 また台風が接近している。28日には,日本教育工学協会が主催する全日本教育工学研究協議会の大会企画委員会開催(なぜか,私が,委員長--)のため,上京する予定であるが,大丈夫だろうか。月曜日は,飛行機の搭乗をやめて新幹線で上京することとなった。明後日はそんな面倒なことにならなければよいが--。
 ちなみに,台風接近,そして警報発令となると,学校が休校となったり,行政研修が中止になったりして,関係者は大変なことになる。お願いだから,どこか遠くにいってほしい。

| | Comments (0)

2016.08.25

夏季特休だけど免許状更新講習の担当

 今日は,いわゆる夏季特休の日。お休みのはずだが,そうはいかない。本日は,関西大学で催された,才能開発教育研究財団による免許状更新講習の講師役を果たした。選択必修講習である「情報教育と情報モラル」に関して,約70名の受講者を対象にして,講義をおこなった。午後~夜は,教職大学院の評価に関わる仕事にかなりの時間を費やした。8日後の訪英までにすませておくことも多い。

| | Comments (0)

2016.08.24

JAETの全国大会の研究発表の原稿が出そろった

 日本教育工学協会(JAET)による,第42回全日本教育工学研究協議会全国大会が,10月14,15日に佐賀で催される。先日,その研究発表(15日)の原稿提出が締め切られた。例年どおりの数が集まり,大会企画委員会委員長としては,ほっとした。次は,そのプログラムの編成である。そのための大会企画委員会の開催が迫っている。

| | Comments (0)

2016.08.23

研究授業を大切にする,だから,そのデザインを何度も考え直す

 尼崎市立立花西小学校は,今年度も,「学び合い,ひびき合う子ども~書く力を生かして伝え合う授業をめざして~」という研究テーマを設定して,国語科の授業づくりを工夫している。10月以降に6本の研究授業が実施されるが,その指導案検討会に参加した。各学年が数ヶ月先の授業の構想を練り,提案し,それらについて,学年団,学校長,研究主任などと,4時間近く意見交換した。今日の検討によって,研究授業を実施する単元・題材が変わった学年もあったが,それでもよいと教師たちは考えて,研究授業の構想を早めに練っている。立花西小学校は,今年度は研究発表会を開催するわけではない。にも関わらず,研究授業を大切にする,だから,そのデザインを何度も考え直すというスタンスで,校内研修が企画・運営されている。

| | Comments (0)

2016.08.22

台風接近の中,上京することになり--

 本日,共同研究の発表のため,日本看護学教育学会第26回学術集会に参加した。おりしも,台風が関東地方に接近する中で,上京した。当初は航空機を利用する予定であったが,「もし引き返すことになったら発表に間に合わなくなる」と考え,新幹線乗車に切り替えた。
 なんと私が登場する予定のフライトは,出発の後,伊丹空港に引き返したようだ。やはり,リスク回避は重要である。

| | Comments (0)

2016.08.20

日本生活科・総合的学習教育学会・大阪支部の夏期研修会

P10402991P1040330 本日,大阪教育大学天王寺キャンパスで,日本生活科・総合的学習教育学会・大阪支部の夏期研修会が催された。平成の早い時期から総合的な学習のカリキュラム開発を推進していた,ある小学校の総合的な学習の授業の様子等を視聴し,その今日性と時代的限界を確認するとともに,それらに基づく,今の生活・総合の授業づくりの要件を考察するというワークショップが導入された。3時間があっという間に過ぎた。事務局,そのメンバーを含む理事会組織のコーディネーションによって,よき研修会が実現した。

| | Comments (0)

«LS(Lesson Study)大阪で密に実践を交流