« 算数,英語,そして国語も | Main | 学力向上に向けた授業・学校づくり »

2004.02.06

中学校の総合的な学習の可能性

MiharaNi04.2.5.JPG

 2月5日に,三原市立第二中学校の校内研修に参加した。
 同校は,文部科学省から,地域単位で,人権教育の研究指定を受けている(平成14〜16年度)。研究の主柱は,各教科の授業改善である。すべての教科で授業研究を展開し,その成果を交流しようとする教師たちの努力は確実に子どもたちの成長に結実している。
 5日は,3年生の総合的な学習の時間の取り組みを見学したが,これは,国語科と社会科の教師のティームティーチングであった。題材は,新聞のコラムの比較分析であり,新聞の特徴とその原因を追究するものであった。教科とベースにしながら,生徒が新聞という情報手段の特性を理解し,それとのかかわり方を再考していく授業の構想とそれを展開する指導技術は,見事であった。中学校の総合的な学習における教科発展型,教科横断型の可能性を再認識する授業であった。

|

« 算数,英語,そして国語も | Main | 学力向上に向けた授業・学校づくり »

Comments

教科発展→横断型こそが中学校の現実的かつ望ましい総合の姿だと某IMETSで言ったら,総合の某M教授に叱られました(泣)。

Posted by: ほりたん | 2004.02.06 at 11:34 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15012/172378

Listed below are links to weblogs that reference 中学校の総合的な学習の可能性:

« 算数,英語,そして国語も | Main | 学力向上に向けた授業・学校づくり »