«  学力向上には評価の工夫改善が不可欠! | Main | カリキュラム評価の具体的作業 »

2004.03.14

12年も続く熊本市コンピュータ教育研究会

Kumamoto04.3.13.JPG

 3月13日土曜日の午後,熊本大学教育学部附属小学校を会場にして,熊本市コンピュータ教育研究会が催された。聞くところによると,この研究会は,平成4年度から,毎月行われているそうだ。もう12年も続いているわけだ。情報教育関係の様々な研究会がある中でも,その継続性は群を抜いていると思う。今日は,5名の教員の実践報告がなされ,私はコメンテーターを仰せつかった。
 発表内容は,総合的な学習のカリキュラム開発,IT活用,小中一貫教育(における情報教育)と,すこぶる幅広い。少々まとまりにかけるが,それは,この研究グループの基礎体力の充実を物語るものだろう。全国の色々な研究会に赴き,出稽古を繰り広げていることも,市コン研の活動を活性化させていると思う。
 研究会の継続・発展はそう簡単なことではないが,今後この研究グループがいかにしてそれを実現させていくか,大阪から注目したい。また,「なにわ放研」も市コン研に負けないよう継続させたい。

|

«  学力向上には評価の工夫改善が不可欠! | Main | カリキュラム評価の具体的作業 »

Comments

 いやあ、本当に刺激的な1日でした。市コン研・実践発表会の講師を、全国的に分析力に定評がある木原先生が務めて下さるなんて、本当に夢のようでした。
 4本の実践へのコメントの的確さもさることながら、ある意味バラバラな発表内容をきちんとつないでいただき、さらには今後の市コン研の活動内容についても示唆に富んだアドバイスをいただいたことに対する感謝の気持ちを、どう表現していいことか…。
 木原先生、本当にありがとうございました。今後とも、どうぞよろしくお願いいたします!!

Posted by: takanao | 2004.03.16 at 10:42 PM

 今回の例会に参加できずに大変残念でした。でも、2次会に参加して、会の様子、そして何より木原先生と話ができたことが一番の収穫でした。途中で消えそうになったこともある会ですが、ここまで継続することで仲間が集まり、互いに刺激し合うことができるようになってきました。
 木原先生に正会員になっていただき、本当にありがとうございました。市コン研をもっとびしばし斬っていただきたいと思います。今後ともどうぞよろしくお願い致します。

Posted by: take-me | 2004.03.14 at 11:52 PM

今日は長時間おつきあい頂き、本当にお世話になりました。また、市コン研の正式会員にまでなっていただき本当に感謝・感謝です。これからの市コン研の活動にいろいろなご示唆頂ければ幸いです。今後ともよろしくお願いします。

Posted by: tana | 2004.03.14 at 12:45 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15012/296772

Listed below are links to weblogs that reference 12年も続く熊本市コンピュータ教育研究会:

«  学力向上には評価の工夫改善が不可欠! | Main | カリキュラム評価の具体的作業 »