« 放送教育指導者養成講座『虎の穴』 | Main | 12年も続く熊本市コンピュータ教育研究会 »

2004.03.12

 学力向上には評価の工夫改善が不可欠!

e_tokiwadai04.3.11.JPG

 2月19日に続き,今日も,東ときわ台小学校の校内研究会に参加した。3月11日に研究授業を試みるのだから,学力向上フロンティアスクールとしてのがんばりにまず敬意を表したい。
 2年生の算数の授業,しかも少人数指導を見学した。学級のサイズが小さいことをよく生かして,授業者は子どもたちと密なコミュニケーションを繰り広げていた。また,それを様々な算数的活動が媒介していた。
 しかし,評価研究がまだ成熟していない。具体的には,45分の授業なのに,評価の観点が多すぎる。また,評価規準や判断基準が明確でないため,子どもに学びの見通しが形成されないまま,授業が進んでいる。それらの改善が「考える力」の育成には不可欠が。


|

« 放送教育指導者養成講座『虎の穴』 | Main | 12年も続く熊本市コンピュータ教育研究会 »

Comments

木原先生、先日はご指導ありがとうございます。東ときわ台では、先生がいらっしゃってから、評価について学習しようという意欲がみんなに出てきました。評価規準や判断基準を考えて、授業を創ることができれば、子どもが変わるんじゃないかと思います。

Posted by: 森 真理子 | 2004.03.31 11:02 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference  学力向上には評価の工夫改善が不可欠!:

« 放送教育指導者養成講座『虎の穴』 | Main | 12年も続く熊本市コンピュータ教育研究会 »