« 放送教育指導者養成講座『虎の穴』4期がスタート | Main | 評価を活かした授業づくり(「学校デジタル羅針盤」第3回) »

2004.04.26

『悠』連載第2回「学校研究のテーマと推進体制」

 「ぎょうせい」『悠』で連載している「教師が磨き合う学校研究」の5月号で,「学校研究のテーマと推進体制」を論じた。その原稿をアップしてみたので,ぜひコメントを頂戴したい。
 この拙稿では,1.学校研究のテーマ−その要件−,2.研究部会編成の工夫,3.ミドルリーダーとしての研究主任の役割について,私なりの考えを述べている。学校研究が真に教職員にとって意義あるものとなるためには,そのテーマの設定がまず大事であるという立場で綴った文章だ。

ファイルのダウンロード

|

« 放送教育指導者養成講座『虎の穴』4期がスタート | Main | 評価を活かした授業づくり(「学校デジタル羅針盤」第3回) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15012/497513

Listed below are links to weblogs that reference 『悠』連載第2回「学校研究のテーマと推進体制」:

« 放送教育指導者養成講座『虎の穴』4期がスタート | Main | 評価を活かした授業づくり(「学校デジタル羅針盤」第3回) »