« 『悠』連載第2回「学校研究のテーマと推進体制」 | Main | 少人数指導は同じプランで展開? »

2004.05.03

評価を活かした授業づくり(「学校デジタル羅針盤」第3回)

 4月30日に渋谷のNHKで,「学校デジタル羅針盤」第3回の撮影があった。私も番組アドバイザーとして,それに参加した。この回のテーマは,「評価を活かした授業づくり」である。評価規準と判断基準の作成,それらの子どもへの提示,それを指標とする学習成果の判断,それを踏まえた次なる指導の展開などのポイントと,それらと番組活用との関係について解説した。実践事例は,守口市立三郷小学校の浅香教諭で,3年生の国語科,「句読点の打ち方」についてである。
 14日の11:30〜50に教育テレビジョンで放送されるし,放送後,Webでも視聴できる。ご覧になった方は,ぜひコメントを。

|

« 『悠』連載第2回「学校研究のテーマと推進体制」 | Main | 少人数指導は同じプランで展開? »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15012/530300

Listed below are links to weblogs that reference 評価を活かした授業づくり(「学校デジタル羅針盤」第3回):

« 『悠』連載第2回「学校研究のテーマと推進体制」 | Main | 少人数指導は同じプランで展開? »