« 『学習指導・評価』実践チェックリスト(教育開発研究所)の編集 | Main | 放送番組の活用と「社会的な思考・判断」 »

2004.05.19

『悠』連載第3回「研究授業充実へのアプローチ−そのデザインの工夫と企画・運営や参加のルール−」

「ぎょうせい」『悠』で連載している「教師が磨き合う学校研究」6月号で,学校研究を充実させるための授業研究のあり方を論じた。その原稿をアップしてみたので,ぜひコメントを頂戴したい。
 この拙稿では,1.研究授業のデザイン,2.研究授業の企画・運営ルール,3.研究授業の参加ルールについて,私なりの考えを述べている。教師たちの同僚の研究授業に臨む姿勢やそれを観察する視点などに,疑問を感じることがよくある。それに対して,自答したものだ。

ファイルのダウンロード

|

« 『学習指導・評価』実践チェックリスト(教育開発研究所)の編集 | Main | 放送番組の活用と「社会的な思考・判断」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15012/620915

Listed below are links to weblogs that reference 『悠』連載第3回「研究授業充実へのアプローチ−そのデザインの工夫と企画・運営や参加のルール−」:

« 『学習指導・評価』実践チェックリスト(教育開発研究所)の編集 | Main | 放送番組の活用と「社会的な思考・判断」 »