« 参加型事後研−その可能性と課題− | Main | 「思考力」をどう評価するか(坂出附小) »

2004.05.27

教科学習に資する総合的な学習(坂出附小)

 5月27−28日に,香川大学教育学部附属坂出小学校で公開研究会が催されている。私は,両日とも,これに参加した。同校は,「思考力」の育成をテーマに掲げて,学校研究を推進している。その成果の一端を,27日にまず公開した。
 各教科における思考力の定義,その支援方法の整理,思考力を視点とする発展的な学習の多様な開発,A基準を超えた状態を示すS基準の提案など,見どころが満載の研究会だった。
 教科と総合的な学習の連接にも目配りがきちんとなされている。写真は,総合的な学習で,留学生に地元の祭りを紹介するための準備として,相手にとって分かりやすい言葉の選択,それを補うための映像やジェスチャーの活用について,子どもたちが検討しているところだ。教科と総合的な学習の連接の証として,辞書や地図帳といった情報手段が適切に活用されていることを確認できよう。
 2日にわたる研究会で,同校の教師たちは,少なくとも二度,自らの授業を公開する。多い人は,なんとそれが四度にも及ぶ。5月という年度始めに,授業をそのような厚みでオープンにする姿勢が,同校の授業やカリキュラムの発展の原動力になっていることは言うまでもあるまい。

Sakaide04.5.27.JPG

|

« 参加型事後研−その可能性と課題− | Main | 「思考力」をどう評価するか(坂出附小) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15012/665167

Listed below are links to weblogs that reference 教科学習に資する総合的な学習(坂出附小):

« 参加型事後研−その可能性と課題− | Main | 「思考力」をどう評価するか(坂出附小) »