« 鎌倉の長谷寺(あじさい寺) | Main | 台風の日の校内研修会 »

2004.06.21

「我が国におけるメディア・リテラシーの理論と実践カリキュラム開発研究」(小笠原科研)

6月19~20日,鎌倉で,「我が国におけるメディア・リテラシーの理論と実践カリキュラム開発研究」(小笠原科研)の研究打合会が開催された。これは,2003年度から2005年度にかけて,日本教育メディア学会の研究会委員会のメンバーが中心となって進める共同研究プロジェクトである。。
 研究のねらいは,我が国独自のメディア・リテラシーの概念の明確化とそれに応じたカリキュラムの開発である。13名のメンバーで取り組むため,メディア・リテラシーの概念も幅広くならざるを得ない。問題は,その整理枠組みをどう構築するかである。
 「反省(リフレクション)」をメディア・リテラシー概念の主柱に据えつつ,そこに,能力(知識,スキル,感性など)や対象となるメディア(映像メディア(テレビ,映画など),電子メディア,小説なども)の多様性を反省させるという共通理解が精一杯のところであった。

Ogasawa04.6.20.JPG

|

« 鎌倉の長谷寺(あじさい寺) | Main | 台風の日の校内研修会 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15012/813325

Listed below are links to weblogs that reference 「我が国におけるメディア・リテラシーの理論と実践カリキュラム開発研究」(小笠原科研):

« 鎌倉の長谷寺(あじさい寺) | Main | 台風の日の校内研修会 »