« 中学校では全教科で学力向上の取り組みを(彦根市立稲枝中学校) | Main | 放送教育Q&A(学校デジタル羅針盤第7回) »

2004.06.29

それぞれの教師が授業づくりを創造的に考える研修とは(東ときわ台小学校)

 6月25日,大阪府豊能郡豊能町立東ときわ台小学校で,学力向上フロンティアスクールの公開研究会が催された。6月に授業を公開ということで,多くのフロンティア事業関係者の注目を集めた。
 授業も少人数指導(理科,算数)あり,学びの基礎力の育成を志向した授業(音楽)あり,そして,IT活用(国語)ありと,レパートリーに富んでいた。しかしそれ以上に工夫が凝らされていたのは,事後研の持ち方である。体育館で4つのコーナーに別れて,授業別の協議が進められた。
 まず事後研の最初に,授業を参観したもの(教師,保護者,地域住民等)がフリーカードに感想や意見等を書き,それをホワイトボードに貼る。司会役が,それらをまとめたり,ピックアップしたりして,論点を整理する。そうした視点について意見を募ったり,時には小グループで話し合いを進めたりして,できるだけ多くの人が授業についてコメントできるようにした。司会役の人に対して,私が要請したのは,「参加者を相手に,本日の公開授業を教材として,授業をしてください」ということであった。
 1時間強の事後研が終わると,今度は司会役の人に,各コーナーで出てきた話題をまとめて報告してもらう。総合事後研とでも呼べようか。私は,報告でさらに明確にしてもらいたいことを4人の司会役に求めたり,自身で補足したりして,総合事後研の司会役を果たした(写真はその様子)。これらの報告には25分を要した。最後の最後に,私が,本日の基調提案・授業から,総合事後研までの取り組みを総括した(20分)。
 当初学校から依頼を受けた講演会などより,ずっと中身の濃い事後研になったと思う。間違いなく,それぞれの教師が授業づくりを創造的に考える研修になったからだ。東ときわ台小学校の新しい挑戦に敬意を表したい。また,司会役の4人の方(指導主事,他校の研究主任,東ときわ台のOB教諭等)には,無理を聞いていただき,とても感謝している。
 この学校の公開研究会のあり方,とりわけ事後研の持ち方は,後に公開を控えたフロンティア校に,そのデザインの工夫の必要性を投げかけたと思う。

HigashiTokiwa04.6.25.JPG

|

« 中学校では全教科で学力向上の取り組みを(彦根市立稲枝中学校) | Main | 放送教育Q&A(学校デジタル羅針盤第7回) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15012/863576

Listed below are links to weblogs that reference それぞれの教師が授業づくりを創造的に考える研修とは(東ときわ台小学校):

« 中学校では全教科で学力向上の取り組みを(彦根市立稲枝中学校) | Main | 放送教育Q&A(学校デジタル羅針盤第7回) »