« 「都市における学校改革とカリキュラム開発」研究会開催 | Main | 教育工学会での研究活動について考える »

2004.06.18

黒門市場での職場体験学習

 6月17日,COEの共同研究メンバーとともに,大阪市立南中学校2年生の総合的な学習を見学した。同校では,10年前から,黒門市場での職場体験学習を実施している。その特徴は次の通りである。

(1)「総合的な学習の時間」の創設よりもずいぶん前に始められている。
(2)事前事後の情報教育(インターネットによる調査,体験活動のレポート化,そのプレゼンなど)と連動している。
(3)対象となる職場が黒門市場に限定されている。当然,職種も限られているが,全国でも有名な市場が体験の舞台となっている。つまり,地域の誇りたる黒門市場にこだわった職場体験学習。
(4)黒門市場の組合事務所が学校と各店舗との調整役を果たしてくれている。

 教師たちは,「生徒は疲れたとも言うが,体験を肯定的にとらえているようだ」とこの取り組みの成果を語っていた。全国各地で似たような職場体験学習が展開されているが,南中のように,学校の歴史や伝統,地域性を踏まえて実施されるものは,とても充実している。

MinamiSecSchool04.6.17.JPG

|

« 「都市における学校改革とカリキュラム開発」研究会開催 | Main | 教育工学会での研究活動について考える »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15012/792734

Listed below are links to weblogs that reference 黒門市場での職場体験学習:

« 「都市における学校改革とカリキュラム開発」研究会開催 | Main | 教育工学会での研究活動について考える »