« 学力向上へのトータルアプローチ(IMETSフォーラム2004での講演) | Main | 「学びのポイントラリー」(市川伸一著『学ぶ意欲とスキルを育てる』より) »

2004.07.17

カリキュラムコーディネータに関する研究(科研,eCCプロジェクト)

 最近,学力向上フロンティアスクールなどとの関わりが増えたため,総合的な学習の時間のカリキュラム開発について教師たちと共同で取り組む機会が減っている。
 しかし,文部科学省も「総合的な学習の時間のいっそうの充実」を唱え,その柱のひとつとして,同時間の学校としての全体計画の作成を説いている。これについては,例えば8月2日に大阪府総合教育センターの夏期講座も担当するので,自分としては,総合的な学習のカリキュラム開発に関する研究活動は継続しているつもりだ。
 特に,全体計画作成のリーダーたる,カリキュラムコーディネータに関する研究は,自分にとって,現在,最大の関心事だ。科研費による調査も,このテーマで,昨年・今年と実施している。研究課題名は「総合的な学習の体系化に果たすカリキュラムコーディネータの役割のモデル化」だ。いわゆる総合専科教師への聞き取り,それと英国のカリキュラムコーディネータとの比較検討などをおこなっている(9月26日~10月3日に渡英)。
 また,今年度は,松下教育研究財団の研究開発助成を受けることができ,カリキュラムコーディネータ養成のためのWebベースの教員研修プログラムの開発にも着手している(eCCプロジェクト)。本年度末には,それぞれ報告書に研究知見をまとめねばならない。

|

« 学力向上へのトータルアプローチ(IMETSフォーラム2004での講演) | Main | 「学びのポイントラリー」(市川伸一著『学ぶ意欲とスキルを育てる』より) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15012/987844

Listed below are links to weblogs that reference カリキュラムコーディネータに関する研究(科研,eCCプロジェクト):

« 学力向上へのトータルアプローチ(IMETSフォーラム2004での講演) | Main | 「学びのポイントラリー」(市川伸一著『学ぶ意欲とスキルを育てる』より) »