« それぞれの教師が授業づくりを創造的に考える研修とは(東ときわ台小学校) | Main | 5つの放送教育実践の競演 »

2004.07.04

放送教育Q&A(学校デジタル羅針盤第7回)

 7月3日,渋谷のNHKのスタジオで,学校デジタル羅針盤の第7回撮影があった。今回はいつもとは違い,1学期のまとめにあたり,全国の教師から出された質問に,堀田さんと私が回答するというスタイルだ。放送番組活用の意義,利用場面,デジタル教材の可能性,その留意点など,Q&Aは多岐にわたった。
 堀田さんとの仕事は安心して,それに臨める。今回も,二人して多少はとちったが,全体を通して,たくさんの質問にコンパクトに,シャープに答えられたと思う。放送は,7月9日,16日である。ぜひご覧いただきたい。
 NEDの制作陣の皆さん,お疲れ様でした。

Rashinban04.7.3.jpg

|

« それぞれの教師が授業づくりを創造的に考える研修とは(東ときわ台小学校) | Main | 5つの放送教育実践の競演 »

Comments

羅針盤、拝見させていただきました。
一人で出演されているときよりも、堀田先生が一緒だったからもしれませんが、リラックスされていた姿が印象的でした。20分をお二人のかけあいでされているのですから、さぞかし大変だったことでしょう。お疲れ様でした、そしてありがとうございました。

Posted by: 佐藤 | 2004.07.11 at 01:15 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15012/896792

Listed below are links to weblogs that reference 放送教育Q&A(学校デジタル羅針盤第7回):

« それぞれの教師が授業づくりを創造的に考える研修とは(東ときわ台小学校) | Main | 5つの放送教育実践の競演 »