«  「伝え合う力」をどう育むか(府中市立上下南小学校の実践研究) | Main | 幼稚園での放送番組活用(第15回なにわ放研) »

2004.08.26

2つの小学校の実践研究の共鳴(府中市立上下北小学校と同南小学校の共同)

 広島県府中市の上下町には,北小学校と南小学校の2つの小学校がある。この両校の実践研究に関わるようになって3年が経つ。2校の合計で,多い年には8回ぐらい同町を訪れることになる。
 実践研究のテーマは,2校で異なっているが,互いの授業研究会には参加するようにしている(数名ではあるが)。だから,姉妹校の授業研究の成果を吸収できる。写真は,南小の校内研修に北小から2名が参加している様子だ。 2校は,ライバル校であり,共同研究校だ。そうした緊張関係があるから,両校とも,実践研究を継続・発展できる。
秋には,両校とも,自主的に公開研究会を催す。北小が10月22日(金),南小が12月2日(木)だ。それらの機会にも互いに分科会の司会を担当したり,それに参加して意見を述べ合ったりするようだ。一つの地区の実践研究の共鳴として理想的な関係だと思う。

 DSC03148.JPG

|

«  「伝え合う力」をどう育むか(府中市立上下南小学校の実践研究) | Main | 幼稚園での放送番組活用(第15回なにわ放研) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15012/1288721

Listed below are links to weblogs that reference 2つの小学校の実践研究の共鳴(府中市立上下北小学校と同南小学校の共同):

«  「伝え合う力」をどう育むか(府中市立上下南小学校の実践研究) | Main | 幼稚園での放送番組活用(第15回なにわ放研) »