« 「学力調査」の結果をどう読み解くか(某市の教育課程研修会から) | Main | 2つの小学校の実践研究の共鳴(府中市立上下北小学校と同南小学校の共同) »

2004.08.25

 「伝え合う力」をどう育むか(府中市立上下南小学校の実践研究)

 8月25日,広島県府中市立上下南小学校の校内研修会に参加した。この日は,各人が1学期の実践をレポートにまとめ,それを報告した。また,2学期以降の実践の構想を発表した。私は,同校で12月2日に開催される自主公開研に向けて各教師の取り組みを発展させる指針について,コメントした。
 話す聞く力の育成,伝え合う力の充実を目指した教師たちの取り組みは堅実で,実に頼もしい。しかしながら,公開授業の構想にはやや偏りが見られた。それを拡張すべく,私は,子どもたちの発表準備,その見直しといった場面が多くのプランに採用されそうであった。私は,そもそもコミュニケーションの力は,国語だけでなく,各教科においても,その教科独自のアプローチで育むものであること,それらの力の向上には問題解決的な展開だけでなく訓練やトレーニングの場が必要とされること,その個人差に対応するためには形成的評価と深化・補充学習を導入する必要があることなどを訴えた。
 上下南小学校の教師たちの授業研究への意欲は高い。きっと,私のコメントを消化して,レパートリー豊かな実践に取り組んでくれると思う。

|

« 「学力調査」の結果をどう読み解くか(某市の教育課程研修会から) | Main | 2つの小学校の実践研究の共鳴(府中市立上下北小学校と同南小学校の共同) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15012/1280550

Listed below are links to weblogs that reference  「伝え合う力」をどう育むか(府中市立上下南小学校の実践研究):

« 「学力調査」の結果をどう読み解くか(某市の教育課程研修会から) | Main | 2つの小学校の実践研究の共鳴(府中市立上下北小学校と同南小学校の共同) »