« 「これさえあればすべてOK! 小学校高学年の実技4教科と総合的な学習―『考える力』を育てる授業作りの超マニュアル-」 | Main | 日本教育メディア学会第11回全国大会での自由研究発表(メディア・リテラシーの育成を発展させる方策に関する日本・台湾の比較研究) »

2004.09.09

大阪市の小学校における習熟度別指導-なんと約300校のすべてで-

 8日,大阪市のとある小学校の校内研修会に参加した。同校は,本年度,いわゆる「習熟度別学習」に関する研究校に指定された。大阪市では3年間かけて,約300校もあるすべての学校に,これを導入する。訪問校はその先陣を切る学校の1つというわけだ。
 2学期から,高学年の算数で習熟度別指導を展開するという。教師たちは,「どの単元でも習熟度を実施しなくてもよいと思われるが,それでよいか」「グループを決定するための評価の内容は知識理解だけか」,「子どもの希望と教師の助言によるグループ分けでよいのか」といったことに悩んでいた。例えば,最後の問題であれば,「コース等の選択には,子どもの希望と教師の助言のすり合わせが必要でしょう。学年や経験に応じて,両者の軽重を変えた方がいいです。」「いずれにしても,最も大切なことは,評価規準,判断基準の作成と子どもたちとのそれらの共有です。」とアドバイスしておいた。また,「加配教員の措置がない教科の指導でも,学級担任の授業づくりの工夫によって,習熟度別学習は展開可能であるし,現に体育などでは当たり前のように導入されていますよね。」と,習熟度別学習の実施方針を広げることも提案してみた。
 我が大学の設置者たる大阪市も,けっこう悩ましい取り組みを始めたものだ。しかし,習熟度別学習の導入は,挙止たちの授業づくりの工夫・改善の一助となる可能性も秘めている。実践研究が熱を帯びることを期待している。

|

« 「これさえあればすべてOK! 小学校高学年の実技4教科と総合的な学習―『考える力』を育てる授業作りの超マニュアル-」 | Main | 日本教育メディア学会第11回全国大会での自由研究発表(メディア・リテラシーの育成を発展させる方策に関する日本・台湾の比較研究) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15012/1392001

Listed below are links to weblogs that reference 大阪市の小学校における習熟度別指導-なんと約300校のすべてで-:

« 「これさえあればすべてOK! 小学校高学年の実技4教科と総合的な学習―『考える力』を育てる授業作りの超マニュアル-」 | Main | 日本教育メディア学会第11回全国大会での自由研究発表(メディア・リテラシーの育成を発展させる方策に関する日本・台湾の比較研究) »