« 「宗教の時間」を使ったクロスカリキュラアプローチ(St. Peter CE Primary School) | Main | 小学校の教師が参画した数学の授業(広島県竹原市立忠海中学校) »

2004.10.09

ICT駆動のクロスカリキュラアプローチ(Holy Cross Catholic Girl’s School)

 10月1日,英国学校訪問の最終日,New MaldenのHoly Cross Catholic Girl’s Schoolを訪問した。この学校には,7学年から,シックスフォームの生徒(共学),900名が通っている。昨年度,政府からScience Collegeの指定を受けたが,それに加えて,教師教育学校の指定も受ける。それにより,8~9名のNQT(初任者)の指導を引き受けているし,それらに対するメンタリングを学校の特色としている
 この学校では,クロスカリキュラテーマに基づく,教科横断的指導が継続的に試みられてきた。そのコーディネーションについてリーダーシップを発揮するのが,校長補佐が数名いるうちの一人,Lawrence氏(写真)である。彼は,クロスカリキュラとICTを担当しており,そのアイデアが同校の教科横断プロジェクトの要となっている(授業としては,国語を専門としてはいるが,ICT,歴史,ドラマなどの授業にも参画している)。したがって,同校の教科横断プロジェクトは,ナショナルカリキュラムの要件を満たしてはいるものの,QCAには基づくものではない。ICT駆動といってよい。彼がICTの新しい可能性を追究したことが,カリキュラムの新しい可能性に結実している。
 ただし,プロジェクトメンバーの編成は,あまりシステマティックではない。教師たちの経験,熱意,アイデア,そして多様な教科指導の実績等によるようだ。予算や施設の充実を「にんじん」にして,参加教師を募っているきらい有り。

DSC03863.JPG

|

« 「宗教の時間」を使ったクロスカリキュラアプローチ(St. Peter CE Primary School) | Main | 小学校の教師が参画した数学の授業(広島県竹原市立忠海中学校) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15012/1637719

Listed below are links to weblogs that reference ICT駆動のクロスカリキュラアプローチ(Holy Cross Catholic Girl’s School):

« 「宗教の時間」を使ったクロスカリキュラアプローチ(St. Peter CE Primary School) | Main | 小学校の教師が参画した数学の授業(広島県竹原市立忠海中学校) »