« ICT駆動のクロスカリキュラアプローチ(Holy Cross Catholic Girl’s School) | Main | メディアとのつきあい方学習セミナーin笠岡(MLK5の営み) »

2004.10.10

小学校の教師が参画した数学の授業(広島県竹原市立忠海中学校)

 10月5日,竹原市立忠海中学校の校内研修会に参加した。同校は,いわゆる学力向上フロンティアスクールである。1年生の数学「一次方程式」の授業に,学区内の小学校の教員が参加し,指導の一部を担当していた。
 問題の特徴的な部分に線を引く,「生活に関係した課題」から導入を始めるといった小中の指導の一貫性の維持,算数から数学へのより抽象的な思考を苦手とする子どものケアなどにおいて,両者の協力教授は実に有効であった。
 他にも,理科,音楽,国語,英語,体育などの教科においても研究授業が試みられたが,例の「参加型」の協議会を開催して,各教科における思考力・表現力の育成と評価について,教員間で密に議論を展開できた。その成果が,11月27日(土)の同校公開研究会でしっかり披露されることを祈念している。

DSC03901.JPG

|

« ICT駆動のクロスカリキュラアプローチ(Holy Cross Catholic Girl’s School) | Main | メディアとのつきあい方学習セミナーin笠岡(MLK5の営み) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15012/1643418

Listed below are links to weblogs that reference 小学校の教師が参画した数学の授業(広島県竹原市立忠海中学校):

« ICT駆動のクロスカリキュラアプローチ(Holy Cross Catholic Girl’s School) | Main | メディアとのつきあい方学習セミナーin笠岡(MLK5の営み) »