« 算数番組の活用方法(「かんじるさんすう1,2,3!」をどう利用するか) | Main | 教科教育の底力(大阪教育大学附属平野中学校における教材開発) »

2004.11.12

ごく自然なIT活用(彦根市立稲枝中学校の研究発表会の授業から)

 11月12日,彦根市立稲枝中学校が,学力向上フロンティアスクールとしての研究成果を公開するための研究発表会を開催した。私も講師として参加した。
 以前にもこのblogで紹介したように,同校は,全教科で,学力向上への取り組みを繰り広げている。本日は,思考力を育成するための異教科合同,教科横断的な取り組みも紹介された。中学校における確かな学力の育成としては,理想的なアプローチだ。
 ところで,彦根市のすべての中学校には,既に3,4年前から,普通教室に,コンピュータとプロジェクターが設置されている。その好影響を,本日の授業公開で確認した。体育科では,マット運動のモデル映像を提示するために,社会科ではクイズ形式の小テスト(?)の問題や解答の提示に,そして国語科ではスピーチの題材のビジュアル化に,教師や生徒がごく自然にITを活用していた。
 稲枝中学校は,IT活用を研究している学校ではない。しかし,学力向上の多様なアプローチを模索する中で,ITを活かす授業づくりも,教師たちは自らの得意技に加えたようである。稲枝中学校の授業では,ITが,名脇役として,学力向上の舞台を支えていた。

DSC05296 DSC05358

|

« 算数番組の活用方法(「かんじるさんすう1,2,3!」をどう利用するか) | Main | 教科教育の底力(大阪教育大学附属平野中学校における教材開発) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15012/1945141

Listed below are links to weblogs that reference ごく自然なIT活用(彦根市立稲枝中学校の研究発表会の授業から):

« 算数番組の活用方法(「かんじるさんすう1,2,3!」をどう利用するか) | Main | 教科教育の底力(大阪教育大学附属平野中学校における教材開発) »