« 新しいタイプの役割に挑戦する教師たちへのエール(拙稿「小学校教科担任制の新展開」) | Main | 若い教師に活躍の場を(京都市左京区の修学院小学校の授業別分科会にて) »

2004.11.16

児童の「いい先生ですよ」の一言(丹波市立西小学校の昼休みの出来事)

 16日,丹波市立西小学校の校内研兼丹波市情報教育推進委員研修会に参加した。4時間目に1年生の国語の授業,5時間目に5年生の算数の授業が実施され,その後,授業別(情報活用能力の育成,教科におけるIT活用)の分科会,全体会と盛りだくさんの内容の研修会であった。
 西小学校は昨年度,一昨年度と旧氷上郡教育委員会の情報教育研究指定を受け,各教科・総合的な学習における情報活用能力の育成等にチャレンジしてきた。今年度,それを継承しつつ,教科におけるデジタルコンテンツの活用にも研究を発展させている。すばらしいことだ。
 ところで,昼休みに,同校のある教室を(勝手に)訪れた。教室の前にコンピュータが設置され,ある児童が「学校放送オンライン」にアクセスしていた。それもすごいなと思ったが,その児童と話をして,もっと驚かされた。「担任の先生は?」と私が質問すると,「N先生です」と教えてくれた後,「いい先生ですよ」とこちらがたずねもしないのに,彼は,続けて話してくれた。児童からこう評価される教師がいる学校だから,きっと情報教育,IT活用も進展するのだろう。
DSC05573 DSC05571

|

« 新しいタイプの役割に挑戦する教師たちへのエール(拙稿「小学校教科担任制の新展開」) | Main | 若い教師に活躍の場を(京都市左京区の修学院小学校の授業別分科会にて) »

Comments

初めまして。東京の図書館をよくする会サイト管理人です。とある教員養成コース設置大学の図書館で司書をしております。先生方が情報活用能力育成の取り組みを進めていらっしゃることに敬意を表します。
図書館の世界でも、昨今、情報活用能力(情報リテラシー)育成の取り組みは重要視されているところです。日本でも、あちこちの大学図書館等で進められているところです。ただ、日本ではまだまだこれからというところですが、オーストラリアではかなり進んだ情報活用能力育成教育を教員と司書の共同作業で行っているということです。今回、私が、オーストラリアの司書たちが情報活用能力育成教育の際によって立っている資料を翻訳しているところで、こちらのサイトに紹介記事を載せたところです。先生方へのエールをこめて、トラックバックをしてみたいと思います。
この分野では、図書館司書も先生方のお役に立てると信じております。お近くの図書館司書の方にご相談されるなど、一緒の取り組みをしていければ、と祈念しております。

Posted by: 東京の図書館をもっとよくする会サイト管理人 | 2005.02.10 at 09:08 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15012/1981585

Listed below are links to weblogs that reference 児童の「いい先生ですよ」の一言(丹波市立西小学校の昼休みの出来事):

» 西小校内研修会&丹波市情報担当者研修講座 [細見の一日]
昨日、木原先生と堀先生を招いて研修会を行った。意識したのは教育の情報化を「情報活用」と「IT活用」の両面から捉えられるようにすること。そこで、公開授業と事後研の... [Read More]

Tracked on 2004.11.17 at 07:46 PM

« 新しいタイプの役割に挑戦する教師たちへのエール(拙稿「小学校教科担任制の新展開」) | Main | 若い教師に活躍の場を(京都市左京区の修学院小学校の授業別分科会にて) »