« 思考力・表現力の育成手法(竹原市立忠海中学校の公開研究会シンポジウムから) | Main | 教科学習と総合的な学習の連結(東ときわ台小学校の研究授業から) »

2004.11.29

評価規準の作成-その調整役を育てる研修を-

 現在,ある原稿の執筆を進めている。それは,教育開発研究所から刊行される『新編 教務主任読本』の「評価規準の作成と教務主任」だ。
 我が国では,目標に準拠した評価を推進する一環として,評価規準や判断基準を,各学校で,教師たちが作成することになっている。教務主任は,その調整役を果たすべきだというコンセプトで原稿を書くことになっているので,それに従って原稿執筆を進めている。しかしながら,そのようなシステムは,我が国の学校では未成熟だ。今後,そうした観点から,教務主任や研究主任の力量形成が推進される必要があろう。
 なお,イギリスなどでは,評価規準にブレが出ないようにするために,地域単位で,評価規準作成のための研修会,ワークショップなどが催されるという。我が国では,評価に関する研修会などが催されても,識者の講演を聴くといった取り組みに終始している場合が少なくない。特に行政研修にそのような色が濃いような気がする。もし私が評価についての行政研修に招聘されたら,最近試みている参加型の活動を導入して,評価規準の作成についての実践的知識を教師たちが得られるように工夫してみたい。

|

« 思考力・表現力の育成手法(竹原市立忠海中学校の公開研究会シンポジウムから) | Main | 教科学習と総合的な学習の連結(東ときわ台小学校の研究授業から) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15012/2107645

Listed below are links to weblogs that reference 評価規準の作成-その調整役を育てる研修を-:

« 思考力・表現力の育成手法(竹原市立忠海中学校の公開研究会シンポジウムから) | Main | 教科学習と総合的な学習の連結(東ときわ台小学校の研究授業から) »