« 「なにわ放研」若手教師の番組利用(守口市立八雲小学校にて) | Main | 平成17年度教育放送企画検討会議 »

2004.12.10

第19回なにわ放送教育研究会にて

 9日,守口市立三郷小学校を会場にして,第19回なにわ放送教育研究会が開催された。今回は,豊中市立克明小学校の森真理子教諭の「かんじる算数 1,2,3!」活用プランをメンバーで検討した(15,16日に研究授業を実施)。森さんは体調が悪い中,指導案を必死に説明した。他のメンバーは,自らの実践等に基づいて,番組利用のさらなる可能性を積極的に提案した。既に番組を利用した教師などは,子どもの作品なども持参して紹介した。みんな自分のことのように一生懸命,番組利用のあり方について考えた。
 回を重ねても,なにわ放研は,マンネリに陥ることがない。なぜだか分からないが,メンバーにはぜひこのムードを継続・発展させてもらいたい。今月は,なんと28日にも研究会を開催する。
 なお,この研究会の模様は,森さんの授業実践の様子とともに,NHK学校放送の教員向け番組「学校デジタル羅針盤」第16回で,1月14日,21日に紹介される。

|

« 「なにわ放研」若手教師の番組利用(守口市立八雲小学校にて) | Main | 平成17年度教育放送企画検討会議 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15012/2227673

Listed below are links to weblogs that reference 第19回なにわ放送教育研究会にて:

« 「なにわ放研」若手教師の番組利用(守口市立八雲小学校にて) | Main | 平成17年度教育放送企画検討会議 »