« 授業研究の深化-研究主任等のリーダーシップと協議会におけるコーディネーション-(ぎょうせい「悠」1月号) | Main | 教師たちの学校研究への意欲(広島県府中市立上下南小学校と同北小学校) »

2004.12.23

学力向上のための基本調査2004-総合教育力の充実に関するプロセスモデル-

 23日,新大阪で,大阪教育大学の田中博之先生やベネッセ教育総研と私とで企画・実施した共同研究プロジェクト「学力向上のための基本調査2004」に関する打合会が催された。最終報告書の内容について議論が続いた。
 私の担当する章は2つあるが,そのうちの1つは,「総合教育力向上に向けた取り組みのステップ」というタイトル(仮)で,学力向上に向けた総合教育力=教師たちの指導,学校経営,そして家庭教育の充実に関するプロセスモデルの提案だ。
 学力向上を目指す学校や家庭の営みは,その実態によって変わる。例えば,教科学力が弱点となっている学校と「学びの基礎力」に難点がある学校では,その改善に向けたアクションが異なる。それらの典型的なパターンを調査結果から導き出し,事例と共に紹介するというものだ。
 学力を総合的にとらえること,その育成を多面的に展開すること,それらを時系列的にモデル化すること等の点で,他に類を見ない学力向上論であるとメンバーは自負している。3月末に刊行される報告書をぜひご覧いただきたい。

|

« 授業研究の深化-研究主任等のリーダーシップと協議会におけるコーディネーション-(ぎょうせい「悠」1月号) | Main | 教師たちの学校研究への意欲(広島県府中市立上下南小学校と同北小学校) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15012/2355599

Listed below are links to weblogs that reference 学力向上のための基本調査2004-総合教育力の充実に関するプロセスモデル-:

« 授業研究の深化-研究主任等のリーダーシップと協議会におけるコーディネーション-(ぎょうせい「悠」1月号) | Main | 教師たちの学校研究への意欲(広島県府中市立上下南小学校と同北小学校) »