« eCCプロジェクトのテレビ会議がまた開催された | Main | 学力向上のための基本調査2004-総合教育力の充実に関するプロセスモデル- »

2004.12.20

授業研究の深化-研究主任等のリーダーシップと協議会におけるコーディネーション-(ぎょうせい「悠」1月号)

 先日,出版社「ぎょうせい」の月刊誌「悠」の1月号が刊行された。4月から始めている連載の第10回目として,研究主任等のリーダーシップと協議会におけるコーディネーションについて言及した。
 例の「私の司会術」の事後研でのものを文章化したものだ。要点は,次のとおり。
◆研究授業とそれを通じた協議会の企画・運営において研究主任等が果たすリーダーシップは,極めて重要である。
◆研究授業後の協議会が充実したものになるか否かは,司会進行役の力量に依存している。
◆協議会の司会進行役は,参加者間の対話が成立し,それが豊かになるように,積極的にコーディネーションを繰り広げるべきだ。
「Haruka2005.1.pdf」をダウンロード

|

« eCCプロジェクトのテレビ会議がまた開催された | Main | 学力向上のための基本調査2004-総合教育力の充実に関するプロセスモデル- »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15012/2327338

Listed below are links to weblogs that reference 授業研究の深化-研究主任等のリーダーシップと協議会におけるコーディネーション-(ぎょうせい「悠」1月号):

« eCCプロジェクトのテレビ会議がまた開催された | Main | 学力向上のための基本調査2004-総合教育力の充実に関するプロセスモデル- »