« 富山の情報教育実践グループの底力(浜松でのセミナーで感じたこと) | Main | 英国の学力向上と学校改革(Excellence and Enjoymentより) »

2005.01.11

放送教育指導者養成講座(通称:虎の穴)第4期ラストスパート

 このblogでも時々紹介していると思うが,私は,静岡大学の堀田さんとともに,放送教育指導者養成講座(通称:虎の穴)のコーディネータを務めている。この講座は,放送教育実践のリーダーを養成するためのe-Learningプログラムだ。毎年,全国の中堅教師9名程度が,これに参加する。指導者たる資質を念頭に置き,6つの課題が用意されている。参加した教師たちは,個人であるいはグループで,課題解決のための情報収集作業,分析・考察,レポート作成などに勤しむ。そして,それらを,この講座の卒業生6名がメンターとしてサポートする。
 参加者数,メンターなどからすると,一般的なe-Learningのイメージとはほど遠いだろう。ある研究者にこの営みを紹介したら,「手をかけすぎている」と批判されたことがあった。しかし,かけた時間や経費,エネルギーにみあうだけの成長を参加者に感じる。ミドルリーダー,しかも放送教育のように学校や地域をまたいだ人脈が必要とされる領域のリーダーは,きめ細かなe-Learningプログラムでしか育たないと私も堀田さんも考えていたし,この講座を続けていて,ますます,その意を強くしている。
 現在,第4課題の解説文推敲,第6課題の問題文作成が佳境を迎えている。いよいよ4期生の研修もラストスパートを迎える。メンターとともに,私や堀田さんもがんばらねばならない。参加した教師たちの熱心さに応えるために。彼らの成長が嬉しいから。

|

« 富山の情報教育実践グループの底力(浜松でのセミナーで感じたこと) | Main | 英国の学力向上と学校改革(Excellence and Enjoymentより) »

Comments

昨年は北海道メンバー全てと出会うことができました。このネットワーク(輪)を広げていくことができるようにしたいです。そして北海道で中心となっていきたいです。

Posted by: 福ちゃん | 2005.01.14 at 08:53 PM

先日相談させて頂いた虎の穴Webのキャプチャー,ご紹介くださったページからいただきました。早速にありがとうございました。

Posted by: nakagawa | 2005.01.14 at 09:18 AM

メンターとして3年目、学級委員長?として役不足なところはありますが、講師の先生方やメンター、また多くの卒業したOBに支えられて、何とかここまでやってきました。3月まで、どうぞよろしくお願いします。

Posted by: 佐藤 拓 | 2005.01.13 at 10:01 PM

木原先生の熱いメッセージから、講師の先生方やNHK関係者、メンター、そして4期メンバーの壮絶なる取り組みが創造されます。ぼくは、今日、いろいろな面で挫けないのも、4年前のハード、デープな研修と、そこでともに切磋琢磨した仲間の存在があります。きっと4期生は、素晴らしい成果を残すことでしょう。関係者の皆様、がんばってください。

Posted by: みやくん | 2005.01.13 at 06:53 AM

YOSHIMA@鳥取です。
4期生ともどもお世話になっています。もう少しで終わると思うとメンター業も感慨深いものがあります。4期生ががんばってよかったと思えるように残りわずかですが、がんばりたいと思います。

Posted by: YOSHIMA | 2005.01.12 at 11:43 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15012/2544055

Listed below are links to weblogs that reference 放送教育指導者養成講座(通称:虎の穴)第4期ラストスパート:

« 富山の情報教育実践グループの底力(浜松でのセミナーで感じたこと) | Main | 英国の学力向上と学校改革(Excellence and Enjoymentより) »