« 英語活動ボランティアの活躍(箕面市立西小学校の実践研究) | Main | 国際交流学習をスタートさせたり,充実させたりするためには(教育における国際交流に関するプチセミナーから) »

2005.01.29

教育における国際交流の意義,現状,課題(ハイディ=ポッター氏の講演から)

 28日,日英の教育交流に関する財団,ジャパン21のエグゼクティブ・ディレクター,ハイディ=ポッター氏が関西大学総合情報学部にて,日英教育交流の現状と課題について講演をしてくれた。彼女には,私や静岡大学の堀田先生が彼の地の学校を訪問する際に,そのアレンジをお願いしている。
 今回,関西大学総合情報学部の久保田賢一先生が代表者になっておられる科研の研究活動の一環で,彼女の招待講演等が実現した。
 講演会では,実践事例を参照しながら,英国教育雇用省の国際交流に関するポリシー,実践事例とそこに確認される問題点などを明快に示してくれた。彼女のプレゼン後の議論においては,相互にメリットのあるテーマの設定,コーディネーション,交流スパンの熟慮などの重要性に関する意見が交換された。
DSC06913

|

« 英語活動ボランティアの活躍(箕面市立西小学校の実践研究) | Main | 国際交流学習をスタートさせたり,充実させたりするためには(教育における国際交流に関するプチセミナーから) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15012/2740240

Listed below are links to weblogs that reference 教育における国際交流の意義,現状,課題(ハイディ=ポッター氏の講演から):

« 英語活動ボランティアの活躍(箕面市立西小学校の実践研究) | Main | 国際交流学習をスタートさせたり,充実させたりするためには(教育における国際交流に関するプチセミナーから) »