« 学校研究のデザイン-その多様性-(清音村立清音小学校の校内研修会から) | Main | eCCプロジェクトについてのリアクション-その2-(久保田科研打合会にて) »

2005.02.05

eCCプロジェクトについてのリアクション(東京大学大学院情報学環ベネッセ先端教育技術学講座のbeatセミナーで)

 5日,東京大学大学院情報学環ベネッセ先端教育技術学講座のbeatセミナー(第7回)が開催され,そこで我がeCCプロジェクトの実際を報告してきた(配布した資料は下のとおり)。発表後,次のような質問が出された。
 1)なぜミドルリーダーに着目するのか
 2)カリキュラム・コーディネータ間の協調学習の必然性は?
 3)プロジェクトの学びがその後,各人の実践にどのように活かされているか
 4)ある程度の知識を持っていないとこのプロジェクトに参加できない(学習が成立しない)のではないか
この質問内容からすれば,eCCプロジェクトの意義を聴衆にそれなりに分かってもらえたかなと思う。
eCCプロジェクトについては,3月19日(土)に鳴門教育大学で開催される日本教育工学会の研究会において,さらに詳しく報告する予定である。
「BEATKihara05.2.5.pdf」をダウンロード

|

« 学校研究のデザイン-その多様性-(清音村立清音小学校の校内研修会から) | Main | eCCプロジェクトについてのリアクション-その2-(久保田科研打合会にて) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15012/2814210

Listed below are links to weblogs that reference eCCプロジェクトについてのリアクション(東京大学大学院情報学環ベネッセ先端教育技術学講座のbeatセミナーで):

« 学校研究のデザイン-その多様性-(清音村立清音小学校の校内研修会から) | Main | eCCプロジェクトについてのリアクション-その2-(久保田科研打合会にて) »