« 国際交流学習をスタートさせたり,充実させたりするためには(教育における国際交流に関するプチセミナーから) | Main | 社会科のデジタル副読本(龍野市立揖保小学校・清久教諭による社会科の発展的な学習) »

2005.02.01

生活科におけるメディア・リテラシーの育成(坂出附小の校内授業研究から)

 31日,香川大学教育学部附属坂出小学校を訪問し,動向の校内授業研究に参加した。当日の授業は2年生生活科の「もっと知りたい,伝えたい!自分のこと,みんなのこと-アンケートづくり-」の一環であった。子どもたちは,「8才のアルバムづくり」に従事するが,その際に,「自分自身に関するアンケートづくり」を試みる。本時は,そのための方法論,アンケートの構成や分析に関する思考様式を子どもたちに会得してもらおうとする場面だ。
 アンケートの構成や分析は,簡単ではない。例えば,男子だけを対象としてアンケートを実施したのでは,母集団全体の傾向を把握することはできない。逆に母集団を属性によって分割すると(例えば男女別,学年別,地域別など),新たな傾向を発見できることもある。
 子どもたちは,コンピュータでデータを並べ替えたり比較したりして,(教師が彼らに提供した)アンケートの回答の偏った抽出や一方的な分析を批判的に検討する。そして,それによって得た,アンケートの構成や分析の原理を自らのアンケートづくりにおいて発揮することになる(本時は時間不足でそこには至らなかったが)。
 この授業は,生活科におけるメディア・リテラシー育成の実施可能性を示してくれたように思う。
DSC06986

|

« 国際交流学習をスタートさせたり,充実させたりするためには(教育における国際交流に関するプチセミナーから) | Main | 社会科のデジタル副読本(龍野市立揖保小学校・清久教諭による社会科の発展的な学習) »

Comments

2年生で批判的に分析できる子どもたちってすごいですね。アンケート項目「作る」ところの様子も,ぜひ知りたいです・・・。

Posted by: NOB | 2005.02.02 at 12:07 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15012/2764482

Listed below are links to weblogs that reference 生活科におけるメディア・リテラシーの育成(坂出附小の校内授業研究から):

« 国際交流学習をスタートさせたり,充実させたりするためには(教育における国際交流に関するプチセミナーから) | Main | 社会科のデジタル副読本(龍野市立揖保小学校・清久教諭による社会科の発展的な学習) »