« 学習指導要領の全面改訂は急がなければならないのか | Main | コンテンツ・エキスパートとプロセス・ファシリテータ(『学校経営研究における臨床的アプローチの構築』北大路書房より) »

2005.03.24

eCCプロジェクトの成果報告(日本教育工学会平成17年度第3回研究会)

 19日,鳴門教育大学で,日本教育工学会平成17年度第3回研究会が開催され,そこでeCCプロジェクトの成果の一端を報告した。今回は,2月のbeatセミナーに報告内容に加えて,事前-事後調査の結果の一部についても言及し,プロジェクトの成果に関する評価を試みた。プロジェクト参加者は,カリキュラム・コーディネータに必要とされる知識(一般的,学術的,実践的,メタ知識)を獲得していることが明らかになった。
 研究会の論文集に掲載された文章をアップロードするので,お読みいただき,コメントしていただければ幸甚である。「Kihara05.3.19.pdf」をダウンロード

|

« 学習指導要領の全面改訂は急がなければならないのか | Main | コンテンツ・エキスパートとプロセス・ファシリテータ(『学校経営研究における臨床的アプローチの構築』北大路書房より) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15012/3417859

Listed below are links to weblogs that reference eCCプロジェクトの成果報告(日本教育工学会平成17年度第3回研究会):

« 学習指導要領の全面改訂は急がなければならないのか | Main | コンテンツ・エキスパートとプロセス・ファシリテータ(『学校経営研究における臨床的アプローチの構築』北大路書房より) »