« 日記&ブログ術(日経ビジネスAssocie04・05から) | Main | 仮説実験授業の特徴(『授業の復権』を読んで) »

2005.04.07

平成17年度「教育方法学II」で放送教育の体系を

 17年度,学部の講義のひとつで,「教育方法学II」(第1部,第2部)を担当する。今年は,放送教育の体系を講義することにした。内容等は,次のとおり。我が国の大学で放送教育にこんなに時間を費やして講義するのは,もしかしたら,私だけかも――。
講義の内容
 本講義では,放送教育の理論と実践について検討する。我が国の学校における教育放送番組の利用には,長い歴史がある。講義の前半では,NHKによるテレビ学校放送番組制作の変遷,全国放送教育研究会連盟による実践研究の展開などを解説し,我が国の放送教育の特徴や独自性について確認する。その際,過去・現在の放送教育実践を撮影した記録映像を提示する。
 次いで,今日の教育放送番組の利用に関する潮流,すなわち,番組とそれに連動したWebページ(クリップ,ゲーム,リンク集,掲示板など)の複合的な利用,地上波デジタル放送による教育番組の配信などについて,新しい情報を受講生に提供する。同時に,実際の番組を視聴したり,デジタル教材にアクセスしたり,それらを評価したりする活動を講義に組み入れ,今日の教育放送番組利用の可能性と課題を受講生に具体的に検討してもらう。
 講義の後半には,現在放送されている番組及びそれらに連動したデジタル教材を活用する授業プランを考案する活動を導入する。受講生には,そうした活動への積極的な関与を通じて,教育放送番組等を授業にどう位置づけるかに関する,より実践的な知見を獲得してもらいたい。
講義スケジュール
4月 7日(第1回)オリエンテーション
4月14日(第2回)テレビ放送教育の原点~山の分校の記録~
4月21日(第3回)放送・視聴覚教育の50年~放送・視聴覚教育大会大阪大会シンポジウム~
4月28日(第4回)メディアミックスの授業実践~「熱帯雨林」活用の3実践~
5月12日(第5回)放送教育のデジタル化1~「福室環境学会」の実践~
5月19日(第6回)放送教育のデジタル化2~「デジタルでおこめを学んだ」~
5月26日 休講
6月 2日(第7回)放送番組と連動したデジタル教材
6月 9日(第8回)世界の放送教育の実践動向~シンガポール・タイ・日本の放送教育実践~
6月16日(第9回)放送教育の普及に向けた教師教育用番組~学校デジタル羅針盤~
6月23日(第10回)放送番組を活用した授業プランの作成1~番組視聴・分析~
6月30日(第11回)放送番組を活用した授業プランの作成2~プランの作成~
7月 7日(第12回)放送番組を活用した授業プランの作成3~プランの発表~
7月14日 振替授業日
7月21日(第13回)テスト

|

« 日記&ブログ術(日経ビジネスAssocie04・05から) | Main | 仮説実験授業の特徴(『授業の復権』を読んで) »

Comments

大学でこんな講義、本当に木原先生にしかできないことですよね。虎の穴と同じく、きっと素晴らしいものになると思います。私も、1つでも講義を受けてみたいです。

Posted by: 佐藤 | 2005.04.17 at 09:41 PM

ごぶさたしています。
全部とは申しませんが,一つでもいいから
聴講させていただきたい思いです。
不可能なことだと思いますが。

Posted by: NOB | 2005.04.09 at 07:49 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15012/3602902

Listed below are links to weblogs that reference 平成17年度「教育方法学II」で放送教育の体系を:

« 日記&ブログ術(日経ビジネスAssocie04・05から) | Main | 仮説実験授業の特徴(『授業の復権』を読んで) »