« 平成17年度「学校教育学研究II」でリサーチプロポーザル作成活動を | Main | 平成17年度「教育方法学II」で放送教育の体系を »

2005.04.06

日記&ブログ術(日経ビジネスAssocie04・05から)

 先日,日経ビジネスAssocie 04・05を手にした。「日記&ブログ術」が特集されていたからだ。「目標を叶える『日記&ブログ』のパワー」という特集タイトルはやや大げさだが,日記やブログを自らの仕事やプライベートに生かし,それらを生きがいとしている方が何人も紹介されていた。
 共通点は,2つあると思う。それはまず継続性。そして,(記述内容の)リフレクション。書くだけでも,例えば事実の整理,記憶の強化などの効果があるが,それを続け,残された記録を分析したり,要約したりすると,知識の体系化や目標達成のツールとして,日記やブログがまず仕事に使えるという。そしてなにより,「自身」の変化,長短所が見えてくる。気持ちが明るく前向きにもなるそうだ。
 自分のブログは,継続性はまずまずだが,リフレクションが決定的に欠けている。もちろん,このブログは,研究ポートフォリオと定義しているから,日記とは違う。しかし,その範疇においても,ブログの記事に対して時にリフレクションを繰り広げれば,自らの研究の特徴や志向性を再確認できるだろうし,研究に対して(さらに?)「前向きになる」かもしれない。この特集号を読んで,そう感じた。

|

« 平成17年度「学校教育学研究II」でリサーチプロポーザル作成活動を | Main | 平成17年度「教育方法学II」で放送教育の体系を »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15012/3596103

Listed below are links to weblogs that reference 日記&ブログ術(日経ビジネスAssocie04・05から):

« 平成17年度「学校教育学研究II」でリサーチプロポーザル作成活動を | Main | 平成17年度「教育方法学II」で放送教育の体系を »