« なにわ放研が松下教育研究財団の実践研究助成を | Main | 教師は「学習スキル」を指導していないか? »

2005.05.15

『学力向上ハンドブック』の開発(Benesse教育研究開発センターとの共同研究)

 15日,新大阪のアクロスビルで,Benesse教育研究開発センターとの共同研究の打合会を催した。今年度のテーマは,ずばり,『学力向上ハンドブック』の開発である。ここ数年の学力調査,教育力調査の開発の集大成とも言える。プロジェクトリーダーの大阪教育大学・田中先生が在外研究でご不在(9月末まで)のため,残ったものががんばらないといけない。
 『学力向上ハンドブック』という名前の図書やWebページは決して少なくない。それらに比べて,私たちのグループが開発するものには,これまでの総合学力調査や総合教育力調査の実施経験やそれによる知見を踏まえて,1)学力が多様な要素と複雑な構造を有していることを前提としている,2)その育成主体は教師,学校,保護者に及ぶ,3)学力向上は長期的・中期的ビジョン等による学校改革プロセスである,4)学力向上のための指導方策のそれぞれを4段階からなる指標で評価できるといった特徴がある。年度末には刊行の運びとなる予定。

|

« なにわ放研が松下教育研究財団の実践研究助成を | Main | 教師は「学習スキル」を指導していないか? »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15012/4137456

Listed below are links to weblogs that reference 『学力向上ハンドブック』の開発(Benesse教育研究開発センターとの共同研究):

« なにわ放研が松下教育研究財団の実践研究助成を | Main | 教師は「学習スキル」を指導していないか? »