« 『学校評価』(金子郁容編著,ちくま新書)を読んで | Main | 「カリキュラム研究会」第3回 »

2005.05.05

自らが所属した学校の実践研究をどこまで整理できるか(LTプロジェクトの課題から)

 先日も紹介したが,本年度から2年間,松下教育研究財団より助成を受けて,学校研究推進リーダー養成プロジェクト(LTプロジェクト)を実施する。7日の第1回オフミ用に,参加メンバーに向けて,「これまでの学校研究参画経験を整理」してくるという課題を提示している。学校ごと,研究テーマ別に,「研究の特徴,成果と課題」「代表的な授業の概要」「研究推進上,自らが果たした役割」「研究主任,研究部長などのリーダーシップについての感想」を記すというものだ。
 取り組みの様子が,Web上で,MLにて,報告されている。また,いくつかのレポートが既にアップロードされている。それを眺めてみると,参加者によって,記述の厚みが違う。また,各人の中でも,印象の濃淡があるようだ。なぜ,覚えていないのか。記憶に残る学校研究の特徴は何か。そうしたことを,まずメンバーには考えてもらいたい。
 読者は,自らが所属した学校の実践研究をどこまで整理できるであろうか。

|

« 『学校評価』(金子郁容編著,ちくま新書)を読んで | Main | 「カリキュラム研究会」第3回 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15012/3998137

Listed below are links to weblogs that reference 自らが所属した学校の実践研究をどこまで整理できるか(LTプロジェクトの課題から):

» 自分の研究歴 [細見の一日]
LTプロジェクトで、木原先生から「これまでの学校の研究歴をふりかえって」という課題がだされたので、研究紀要を集め、ワークシートにまとめた。 私は平成11年に新規採用されたのだが、そのころは「総合的な学習の時間」が始めるとあって、校内研修は「総合」がメインの... [Read More]

Tracked on 2005.05.07 at 09:50 AM

« 『学校評価』(金子郁容編著,ちくま新書)を読んで | Main | 「カリキュラム研究会」第3回 »