« 放送教育のデジタル化――その第2段階(教育方法学Ⅱ第6回に向けて) | Main | 教科教育における放送番組,デジタル教材の活用(第27回なにわ放送教育研究会にて) »

2005.05.19

放送番組の活用と国語力向上のいい関係(守口市立八雲小学校の研究授業から)

 19日,守口市立八雲小学校の校内研究会に参加した。同校は文部科学省から「教育課程の実施状況に関する自己点検・評価」についての研究を委嘱されている。今年は,教師たちが,国語力向上プロジェクト,個に応じた指導プロジェクト,調査分析プロジェクトに分かれて,実践研究を企画・運営する。また,それと並行して,各教師が個人課題を設定して,それも追究する。
 今日は,5年生担任の原さん(教職2年目)が「わかる国語 読み書きのツボ」を活用した授業を公開してくれた。「1つひとつの漢字の意味から,熟語の意味を考えることができる」という目標を主柱とするものであった。そのモデルの提供役を番組に期待するという,利用方法はヒットし,子どもたちは45分間,楽しく,また熱中して,熟語に親しんでいた。目標に応じたワークシート様式の工夫,個人差への対応などの問題もあったが,全体として,放送番組の活用と国語力向上のいい関係を示すことのできた,提案性のある研究授業であった。
DSC08465

|

« 放送教育のデジタル化――その第2段階(教育方法学Ⅱ第6回に向けて) | Main | 教科教育における放送番組,デジタル教材の活用(第27回なにわ放送教育研究会にて) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 放送番組の活用と国語力向上のいい関係(守口市立八雲小学校の研究授業から):

« 放送教育のデジタル化――その第2段階(教育方法学Ⅱ第6回に向けて) | Main | 教科教育における放送番組,デジタル教材の活用(第27回なにわ放送教育研究会にて) »