« 放送教育のデジタル化――その第1歩(教育方法学Ⅱ第5回にて) | Main | 『学力向上ハンドブック』の開発(Benesse教育研究開発センターとの共同研究) »

2005.05.13

なにわ放研が松下教育研究財団の実践研究助成を

 13日,東京・芝パークホテルで,松下教育研究財団の助成金贈呈式が催された。研究賞,実践研究助成,研究開発助成と3つの助成金制度があるが,そのうちの実践研究助成の対象に,「なにわ放送教育研究会」の取り組みが選ばれた。研究課題は,「メディアを用いた『個に応じる指導』の実践研究」だ。研究代表者を務める松浦さん(枚方市立五常小学校)が緊張の面持ちで式に出席していた。
 助成を受けた責任は重い。なにわ放研のメンバーには,実践を計画的に展開し,その記録をていねいに集めてもらいたい。いい成果をあげ,財団の期待に応えてもらいたい。

|

« 放送教育のデジタル化――その第1歩(教育方法学Ⅱ第5回にて) | Main | 『学力向上ハンドブック』の開発(Benesse教育研究開発センターとの共同研究) »

Comments

助成おめでとうございます。なには放研は、地域の自主的な研究会のいいモデルだと思っています。今後のご活躍をさらに期待しています。昨年、助成式に出席させていただきましたが、とても緊張しました。遠山理事長との記念撮影は大切な思い出です。

Posted by: みやくん | 2005.05.15 06:12 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference なにわ放研が松下教育研究財団の実践研究助成を:

« 放送教育のデジタル化――その第1歩(教育方法学Ⅱ第5回にて) | Main | 『学力向上ハンドブック』の開発(Benesse教育研究開発センターとの共同研究) »