« 日本教育工学会の6月シンポジウム(「ワークショップの意義と課題-教育工学からのアプローチ」) | Main | 学級の人数は何人がよいのか(『親と教師で考えるこれからの学校2 少人数指導習熟度別指導』(加藤幸次著,ヴィヴル)から) »

2005.06.19

全放連・学力向上プロジェクトの研究授業(第1弾)その2

 18日18:30から,渋谷のNHKで,「放送学習による学力向上プロジェクト」のミーティングが催された。28日に実施される,川崎市立稲田小学校5年2組・佐藤拓教諭による研究授業の事前検討会だ。
 この授業では,NHK学校放送『わかる算数5年生』第4回「四角形がわかる」が活用されるが,この日は,次のような点について議論した。28日は,これらを踏まえて,佐藤さんがいい授業を展開してくれるに違いない。

・他学級の授業風景が収められている番組の利用によって,子どもたちの関心・意欲・態度が増すだろうが,それ以上に,この授業では,番組に,「数学的な思考」のモデルを子どもたちに提供してくれる役割を期待する。子どもたちの多様な思考は,分断ではなく,「丸ごと視聴」によってもたらされる。
・判断基準を用意し,それを活用して,番組視聴後に,数学的な思考・判断を評価し,その結果に基づいて,授業を複線化する。複線化の軸は,番組内容の把握の度合いによる。
・複線化によっても「おおむね満足できる」状態に達しない子どもたちに対しては,放課後の補充学習や家庭学習,それらにおける番組に連動したデジタル教材の利用を推奨する。
・番組等の利用,それを生かした授業・単元デザインの有効性を確認するために,診断的評価を実施しておく。

|

« 日本教育工学会の6月シンポジウム(「ワークショップの意義と課題-教育工学からのアプローチ」) | Main | 学級の人数は何人がよいのか(『親と教師で考えるこれからの学校2 少人数指導習熟度別指導』(加藤幸次著,ヴィヴル)から) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 全放連・学力向上プロジェクトの研究授業(第1弾)その2:

« 日本教育工学会の6月シンポジウム(「ワークショップの意義と課題-教育工学からのアプローチ」) | Main | 学級の人数は何人がよいのか(『親と教師で考えるこれからの学校2 少人数指導習熟度別指導』(加藤幸次著,ヴィヴル)から) »