« 「授業研究」とは何か(『新版 カリキュラム研究入門』から) | Main | 全放連・学力向上プロジェクトの研究授業(第1弾) »

2005.06.16

放送教育指導者養成講座「虎の穴」の特徴

 16日,ある大学の研究者たちと教員向けe-Learningについて議論した。その中で,放送教育指導者養成講座「虎の穴」の特徴について,質問されたので,自分なりに回答した。それにより,自分でもあらためて,次のような特徴について考えることとなった。
 まず,1つ目は,その対象だ。「虎の穴」は,「指導者」候補生を対象とする,リーダー養成の教員プログラムである。
 2つ目は,その課題内容だ。初年度,指導者に必要とされる能力・資質を私と静岡大学の堀田さんで検討して,課題内容の骨組みを作った。他の教員研修には見あたらない,例えば「放送教育全国大会の日程デザイン」とか「番組の分類作業」といった課題が用意されている。
 3つ目は,メンター制度だ。参加者たる中堅教師たちは,講座の卒業生から成る教師たちからメンタリングを受けて,課題解決に従事する。それにより,上述したような課題,それに取り組む意義が伝承されるし,教師ネットワークも構築される。また,メンターにとっても,課題への再挑戦,教えることによって学ぶという機会が提供されることになる。
 今年度の5期生の取り組みも充実している。3つの特徴が継承されているから。

|

« 「授業研究」とは何か(『新版 カリキュラム研究入門』から) | Main | 全放連・学力向上プロジェクトの研究授業(第1弾) »

Comments

「虎の穴」についての明確な説明、あらためて勉強になりました。
リーダー養成の教員プログラムであること、他の教員研修には無い特化した課題内容であること、メンターシステムによる継承が確実に行われていること。
これらを大事に今後も発展させていきたいなとOBとして感じました。
更に発展系が、このブログで紹介されるよう、がんばりたいと思います。

Posted by: joji | 2005.06.19 12:05 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 放送教育指導者養成講座「虎の穴」の特徴:

« 「授業研究」とは何か(『新版 カリキュラム研究入門』から) | Main | 全放連・学力向上プロジェクトの研究授業(第1弾) »