« 『学力向上ハンドブック』の開発(Benesse教育研究開発センターとの共同研究) | Main | 大阪市教育委員会の「はぐくみネット」4年目のスタート »

2005.06.07

広島県府中市立上下南小学校の学校研究

 7日,広島県府中市立上下南小学校を訪問し,同校の校内授業研究に参加した。近年,広島県は,「ことばの教育」の推進に力を注いでいる。それを踏まえて,この学校も,国語科を中心に,子どもたちのコミュニケーション能力の育成を学校研究のテーマに掲げてきた。
 今年度,同校の教師たちは,これまでの学校研究の財産を生かしながら,各教科等における「伝え合う力」の活用に,実践研究を発展させようとしている。今日は,算数(2年),社会(4年)において,子どもたちの「伝え合い」が導入された。子どもたちは,考えたり調べたりしたことを,自分の言葉で,また図表等を活用して,分かりやすく伝えようと努力していた。国語科で育成してきた「話す力」がこれらの教科の学習活動において発揮されていた。
ただし,もう少し教科固有の論理がコミュニケーションに反映されることが望ましいと,私はアドバイスした。
 例えば,算数では,子どもたちの発言において,既習事項の引用,モデル図による説明などの「数学的アプローチ」がさらに強調されるべきだ。また,社会科であれば,子どもたちの発表の視点に,地域の歴史,人々の努力や工夫,そして地域に対する愛情・愛着などの「社会科学的見方・考え方」が導入されるべきだ。また,彼らは,それらを示しやすい方法(例えば年表,インタビュー映像など)を採用するべきだ。換言すれば,それぞれ数学,社会科学(今回は,地域研究)の研究方法論に即して情報活用,コミュニケーションが繰り広げられている時,各教科等に期待される「伝え合い」が成立したと考えられる。上下南小の先生方には,今後,この点をさらに,追究してもらいたいものだ。
 なお,2年生の先生は,「くり上がりのあるひっ算」の仕方をまとめる際に,コンピュータで,その考え方を,ビジュアルに,また象徴的に示していた。DSC08992
今まであまりITを活用してこなかった教師が,自らの授業にITを,名脇役として導入しようとしている。上下南小の学校研究テーマは,情報教育でもなければ,IT活用でもない。しかし,授業改善,学力向上を目指した教師たちの取り組みは,そのような教育課題にも自然と応えている。同校が確かな学校研究を進めている証であろう。

|

« 『学力向上ハンドブック』の開発(Benesse教育研究開発センターとの共同研究) | Main | 大阪市教育委員会の「はぐくみネット」4年目のスタート »

Comments

 毎日読ませていただいております。本校も国語科を窓口に,児童のコミュニケーション能力の育成を校内研究のテーマに掲げてきました。
 今年度は「伝え合う力」の育成に研究を広げていこうとしていました矢先でしたので、上下南小の実践に大変心ときめきました。どんな研究の経過をたどってのか、是非知りたいと思いました。前記のmizunoさん同様、来ていただけなくてもこちらから出向かせていただき、研究紀要などからご指導などしていただけないかと考える今日このごろです。

Posted by: takahashi | 2005.06.08 at 10:57 PM

 興味深く読ませていただきました。
 本校は「情報教育」の指定校になっていますが,まさに,教科と情報教育の関連という面で,本内容は参考になりました。
 教科特有の考え方を活かす・・・やはり教科指導では大事なことですね,それをふまえて,情報教育の視点から見ていくといいのではないかと考えました。
 このように,先生に指導していただいている学校がうらやましい限りです。近ければ,来ていただきたいところです。
 

Posted by: mizuno | 2005.06.08 at 06:35 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15012/4460670

Listed below are links to weblogs that reference 広島県府中市立上下南小学校の学校研究:

« 『学力向上ハンドブック』の開発(Benesse教育研究開発センターとの共同研究) | Main | 大阪市教育委員会の「はぐくみネット」4年目のスタート »