« 学校現場との関わり2(「指導の状況に関するアンケート」の実施に際して) | Main | 放送番組を重層的に分析することの重要性(「虎の穴」5期生第2回オフミでの議論から) »

2005.07.30

「教師の授業力の点検・評価」(IMETSフォーラム2005ワークショップ)

 本日,第32回教育工学研修中央セミナー,すなわちIMETSフォーラム2005で,ワークショップ「教師の授業力の点検・評価」のコーディネータを務めた。
 30名弱の教師たちに,このワークショップでは,学力及び授業力をどうとらえるかをまず確認した。次いで,それを踏まえた評価基準(4段階)を提示して,参加者に,自らの授業力を幅広く,またていねいに点検してもらった。その結果を交流してもらう場面も設けた。さらに,授業力を学校力,連携力へと発展させる考え方を提示し,それらの自己点検にも従事してもらった。コーディネーションは,まあまあの出来だったかな――(参加者のワークショップ評価を聞いてみたいところだ)。DSC09691
 驚いたのは,静岡県浜松市の中学校の先生が,このブログを見て,IMETSに参加していたこと。ご本人からそれをお聞きし,けっこう,このブログも役立っているのかなと思った。

|

« 学校現場との関わり2(「指導の状況に関するアンケート」の実施に際して) | Main | 放送番組を重層的に分析することの重要性(「虎の穴」5期生第2回オフミでの議論から) »

Comments

先日の講義(ワークショップ)ありがとうございました。自分の力量や校内体制など再確認することができました。また、他地域の学校と比べて自分の学校がどんな状態なのかもすごく良く分かりました。これから先の自分の見通しもたちました。
気にされている、コーディネーションは、すごく良かったです。何よりも分かりやすかったですし、楽しく研修させていただきました。
本当にありがとうございました。また、このような機会がありましたら、参加させていただきます。

Posted by: まるうら | 2005.08.02 at 02:10 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 学校現場との関わり2(「指導の状況に関するアンケート」の実施に際して) | Main | 放送番組を重層的に分析することの重要性(「虎の穴」5期生第2回オフミでの議論から) »