« 学力向上への教育工学的アプローチ | Main | 「確かな学力」の自校課題化とそれを促すモデル・ツール・システム・プログラム等(学力向上と教育工学の第2の接点) »

2005.07.17

まもなく「虎の穴」OB会

 8月6,7日,浜松で,放送教育指導者養成講座(虎の穴)のOB会が催される。私も少し遅れるが参加する(東京から浜松入りし,東京へ帰る)。
 OB会も今年で,4回目を迎える。第1回目,2回目は東京で実施されたが,昨年は初めて地方で開催された。大阪が会場となった。その時に,平成17年度はぜひ浜松で開催しようと約束し,それを浜松のOBグループ(藤原さん,宮本夫妻,そして市川さん)が実現してくれた。とても感謝している。
 このOB会は,とても楽しい。全国の虎の穴卒業生が集い,旧交を温められるからである。またそれ以上に,内容が充実している。虎の穴で獲得した放送教育実践のノウハウ,その普及戦略を地元でどのように発揮したのかが報告され,放送教育実践の最前線を確認できるからである。虎の穴時代が懐かしくなるような,番組活用ワークショップも用意されるのも緊張感があっていい。
 1期生から4期生までの卒業生と会える2日間は,私にとって貴重な時間だ。今年は何人と会えるだろうか――。

|

« 学力向上への教育工学的アプローチ | Main | 「確かな学力」の自校課題化とそれを促すモデル・ツール・システム・プログラム等(学力向上と教育工学の第2の接点) »

Comments

1日目は、木原先生の分まで?1期生を中心に充実した研修となるよう盛り上げていきたいと思います。当日までの準備も、静岡組を支えながら、しっかりやっていきたいと思います。よろしくお願いします。

Posted by: 佐藤 拓 | 2005.07.19 at 10:37 PM

木原先生、よろしくお願いいたします。この会で刺激を受け、実践に結びつけます。ビシビシ!鍛えてください。

Posted by: みやくん | 2005.07.18 at 06:30 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 学力向上への教育工学的アプローチ | Main | 「確かな学力」の自校課題化とそれを促すモデル・ツール・システム・プログラム等(学力向上と教育工学の第2の接点) »