« 「評価規準」明示の効果(大阪教育大学附属平野小学校2年生の国語の授業から) | Main | 7月9日(土)に大阪で日本教育メディア学会の研究会を(第3報) »

2005.07.02

「研究を続ける」-その難しさと必然性

 1日夜,我が専修で博士の学位を取得し,今年度からある大学に勤務し始めたMさんと会った。本学の大学教育研究センターに所属しておられる矢野先生も一緒だ。
 3人で,「研究を続ける」ことの難しさについて,話をした。大学教官(教員)になると,当然,様々な仕事をこなさなければならない。授業,学生指導,委員会活動,入試業務,大学改革のプロジェクトなど,大学院生の時に比べて,研究に費やせる時間は減る。研究とその他の仕事の時間費が,0.5:9.5になる場合さえある。
 しかし,その0.5が大事であると3人ともが思っていた。時間的には少しでもこつこつと研究を進めること,その成果を少なくとも1年に1度は発表すること,そして文章にすること。それらができるならば,いつかまた,研究により多くの時間を注げる状況になった時,いい研究ができる。研究を続ける――,それは当たり前のようで実に難しい。しかし,研究者たるためには,そうでなければならないのである

|

« 「評価規準」明示の効果(大阪教育大学附属平野小学校2年生の国語の授業から) | Main | 7月9日(土)に大阪で日本教育メディア学会の研究会を(第3報) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「研究を続ける」-その難しさと必然性:

« 「評価規準」明示の効果(大阪教育大学附属平野小学校2年生の国語の授業から) | Main | 7月9日(土)に大阪で日本教育メディア学会の研究会を(第3報) »