« 学力向上推進委員会(A市教育委員会から依頼されて) | Main | 学力向上への教育工学的アプローチ »

2005.07.15

「指導の状況に関するアンケート」の実施に向けて

 先月,今月と,華東師範大学・教育科学学院のメンバーとの共同研究プロジェクトについて,本学の添田先生や兵庫教育大学の佐藤真先生,そして大学院生等と質問紙調査の内容・形式について,何度も会議を重ねた。それは,学校の教務担当者を対象とする,「指導の状況に関するアンケート」だ。
 その目的は,「大阪市立大学・大学院文学研究科の「都市文化創造のための人文科学的研究」(文部科学省の21世紀COEプログラムによる研究)の一環として,日中両国の都市における学校改革とカリキュラム開発が,実態としてどのような広がりをもっているのか,そしてその課題は何かを,アンケート調査を中核とする実証的研究によって,明らかにする」ことにある。
 また,調査は,(1)学校の概要,(2)学力観,(3)教科学習の工夫改善(少人数指導,習熟度別指導,補充学習,発展的な学習,宿題等の課外指導),(4)総合的な学習の概要(実施時間数,カリキュラム開発の体制,目標と内容,指導体制,実践上の課題),(5)小学校5年(中学校2年)の総合的な学習の代表的実践(領域,目標,指導の工夫と成果,評価),(6)教員研修(教科指導に関わる力量形成,総合的な学習のカリキュラム開発に関わる力量形成,その他)から成る。
 ほぼ質問紙の内容が固まり,現在,中国側とのすり合わせも最終段階を迎えた。同時に,日本国内で調査に協力していただく学校や教育委員会への依頼を始めた。地方都市,大阪と東京で実施の予定である。それぞれの学校や地域の取り組みの自己点検・評価にも資する調査なので,多くの学校・地域で実施していただけることを願っている。

|

« 学力向上推進委員会(A市教育委員会から依頼されて) | Main | 学力向上への教育工学的アプローチ »

Comments

はじめまして、大阪市立大学経済学部4回の徳田 直也と申します。

突然の書き込み、申し訳ございません。

私は大阪市立大学の学生向けに情報を発信しているサイト
「市大ナビ」:www.ichidainavi.net というものを運営しております。

主なコンテンツとしては、「サークル紹介」「市大生のインタビュー」
「ファッション」「大学周りのお店紹介」「掲示板」「リンク」などがあります。

この度書き込みいたしましたのは、木原俊行さまのブログを拝見し、
とても興味深い情報がたくさん載っているので、
ブログリンク集に追加させていただいたことを連絡するためでございます。

もしリンクを拒否される場合は、お手数お掛けして申し訳ございませんが、
info@ichidainavi.netまでその旨を伝えたお返事をください。

よろしくお願いします。


Posted by: 徳田 直也 | 2005.08.18 at 01:36 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 学力向上推進委員会(A市教育委員会から依頼されて) | Main | 学力向上への教育工学的アプローチ »