« 「研究を続ける」-その難しさと必然性 | Main | 教育課程の編成から経営へ(高階玲治編著『信頼に応える「教育課程経営」力』,ぎょうせいを読んで) »

2005.07.03

7月9日(土)に大阪で日本教育メディア学会の研究会を(第3報)

7月9日(土)に開催される日本教育メディア学会平成17年度第1回研究会「放送教育の伝統と刷新」のプログラムを紹介しよう。参加希望者は木原@大阪市立大学までご連絡を。

13:00-13:15
開会の辞:小笠原喜康(日本大学) 諸連絡:木原俊行(大阪市立大学)

第1部 座長:黒上晴夫(関西大学)
13:15-13:45 発表1
放送番組への多知能説アプローチ
澤田敬人(静岡県立大学)
13:45-14:15 発表2
放送とインターネットの学習利用をどのように役割分担させるか
大作 勝(長崎大学)
14:15-14:45 発表3
教養教育としての映像教育に関する実践的研究
岡部昌樹(金沢星稜大学)
14:45-15:00 休憩

第2部 座長:未定
15:00-15:30 発表4
保育におけるはじめての放送教育への取り組み手法とその実践例
堀田 博史(園田学園女子大学)
15:30-16:00 発表5
学校放送番組と関連Webを活用した小学校社会科の習熟度別学習
-社会的な思考・判断の充実に資する深化・補充学習の展開-
松浦智史(大阪府枚方市立五常小学校)

16:00-16:40
総括討論 進行:木原俊行(大阪市立大学)

16:40-16:50
閉会の辞:小笠原喜康(日本大学) 諸連絡:木原俊行(大阪市立大学)

なお,会場等も再々掲しておこう。
日時:7月9日(土)13:00~17:00ごろ
場所:大阪市立大学・文化交流センター
〒530-0001 大阪市北区梅田1-2-2-600
大阪駅前第2ビル6階
JR大阪駅,地下鉄梅田駅から徒歩5,6分(交通至便!)
http://www.ado.osaka-cu.ac.jp/BUNKO/index.html

|

« 「研究を続ける」-その難しさと必然性 | Main | 教育課程の編成から経営へ(高階玲治編著『信頼に応える「教育課程経営」力』,ぎょうせいを読んで) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 7月9日(土)に大阪で日本教育メディア学会の研究会を(第3報):

« 「研究を続ける」-その難しさと必然性 | Main | 教育課程の編成から経営へ(高階玲治編著『信頼に応える「教育課程経営」力』,ぎょうせいを読んで) »