« 広島県府中市立上下北小学校の学校研究 | Main | アクション・リサーチの実践動向(千々布敏弥著『日本の教師再生戦略』) »

2005.08.12

和歌山県の10年研で「授業力の点検・評価」を

 18・19日に,和歌山市郊外のマリーナシティに赴く。ここで催される同県教育委員会の10年経験者研修で講師を務めるからだ。
 この講座は,教科の指導と評価について,10年経験者が自らの実践を点検し,その改善に向けた2学期の授業プランを策定するという,極めて実践的な内容で構成される。冬休みには,この講座の続きとして,報告会が催される予定だ。
 参加者の振り返りを促すために,講義のレジュメ(学力向上の実践動向)はもちろん,授業評価基準表や授業改善のためのワークシートを準備した。実りある講座になるよう,ベストを尽くしたい。
 なお,和歌山県は,10年研を2会場で催している。22・23日には,同じ内容の講座が,県南の教育センター「学びの丘」会場で実施され,私も,そちらに行く(というか,遠いので紀伊田辺に宿泊して,講座に参加する)。

|

« 広島県府中市立上下北小学校の学校研究 | Main | アクション・リサーチの実践動向(千々布敏弥著『日本の教師再生戦略』) »

Comments

 明日 栃木県佐野市で先生の講演を拝聴させていただく佐野市立葛生中学校の教師です。先生のお話しを直接お聞きできるのを楽しみにしております。
 本校は、学力向上フロンティアスクールとして、「垣根のない教科部会」等の学力向上をめざす校内協働体制づくりや子どもによる「授業への満足度」をもとにした独自の授業改善ワークシートをつくり、授業改善を図っています。すべてホームページ上で公開しています。学級数7の小規模校ですが、職員は頑張っています。時間がありましたら、本校の取り組みと今後の方向性についてコメントをいただければ幸いです。特に、文科省の8つの確かな学力の「学ぶ意欲」に焦点を当てて研究をし、生徒の学ぶ意欲を国研の了解のもとに100点満点の数値化を図り、協働体制のもと授業研究を行っています。学ぶ意欲の数値化に対する先生のお考えや全国での実践事例を講演の中で触れていただけるととても参考になります。
 突然のぶしつけなメールで大変申し訳ありませんが、希望が叶うこと願っております。

Posted by: 飯田 誠 | 2005.08.23 at 03:55 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 広島県府中市立上下北小学校の学校研究 | Main | アクション・リサーチの実践動向(千々布敏弥著『日本の教師再生戦略』) »