« 川崎市立小学校の教師たちの実践研究への熱意 | Main | 読解力をつける授業力とは(金沢大学教育学部附属教育実践総合センター主催セミナー) »

2005.08.26

NHK学校放送『学校デジタル羅針盤』の第8回の感想を

 26日, NHK学校放送『学校デジタル羅針盤』の第8回が放送された。この回のキーワードは,教員研修である。丹波市教育委員会が主催する研修の模様が紹介されているが, 教師たちがデジタル教材の存在を知り,それを自らの実践に導入しようとする意欲を高め,その窓口を見いだす様子が描かれている。ぜひご覧いただいて,このブログに,そして同番組の掲示板に感想を寄せてもらいたい。
 今回の撮影は,私服。それについても感想を――。でも,センスが悪いなんて言わないでね。私服のまま撮影するなんて思ってもみなかったんだから。

|

« 川崎市立小学校の教師たちの実践研究への熱意 | Main | 読解力をつける授業力とは(金沢大学教育学部附属教育実践総合センター主催セミナー) »

Comments

羅針盤見ました。放送教育をどう広げていくのかを示唆させてもらいました。参加者のコメントが印象的でした。もっと早く出会いたかった。自分だけ知っているのはもったいないので校内で広げたいというのが。

Posted by: いっせい | 2005.08.31 at 11:26 PM

私服可愛くてよかったです。
どちらかというと、赤系の方が似合うかも
しれませんが。皆様、羅針盤掲示板の方へも
感想など書き込んでいただけると幸いです。

Posted by: はっとる | 2005.08.29 at 04:24 PM

お世話になりました。参加者のコメントがよかったです。参加者が学校で活用するのかどうかが課題です。そのためにもこれを生かした校内研修が重要になってきます。

Posted by: hori | 2005.08.29 at 08:36 AM

日本に帰ってきました☆オフミではご迷惑おかけしました。
先ほどデジタル羅針盤を見ました。丹波市教育委員会での研修の様子を伝えていただきました。木原先生が「参加者に考えたり作業してもらう時間を確保する」といわれていたことは、最近他の研修会にいっても、また自分が講座を持つときにも特に意識するようになってきました。
私服は縦縞のカッターシャツでしたね(笑)なかなか自然体でよかったと思いましたが、他のみなさんはどう思われたのでしょう?

Posted by: ほそみ | 2005.08.29 at 02:59 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 川崎市立小学校の教師たちの実践研究への熱意 | Main | 読解力をつける授業力とは(金沢大学教育学部附属教育実践総合センター主催セミナー) »