« 放送番組を重層的に分析することの重要性(「虎の穴」5期生第2回オフミでの議論から) | Main | もうすぐ「虎の穴」OB会 »

2005.08.01

今日から集中講義(就実大学「教育方法論」)

 今日から4日間(1,2,9,10)と,岡山の就実大学で,「教育方法論」の集中講義を担当する。その内容は,以下のとおりである。岡山大学勤務時代から,もう10年近くもここで,この講義を担当している。今年の学生さんも,来年と同じく,実に真面目だ(大阪大学,岡山大学,大阪市立大学の学生以上に,熱心に講義を聞いてくれる,こちらが出した問いを考えてくれる)。だから講義を進めていても,ものすごく気持ちがいい。いい大学だ。
 なお,今年初めて,1人だけだが,男子学生も履修していた。

[授業の目標]
 我が国や諸外国の教育方法を,カリキュラムや学習指導法(メディアの教育利用等)を視点として,解説する。また,毎回の講義において,授業のビデオ記録や文字記録を提示し,実践事例を紹介する。これらの解説と事例紹介を通じて,教育方法の理論と実際を把握してもらいたい。

[授業内容]
第1日:8月1日(月)
 9:10-10:40 講義のキーワード・鍵概念
10:50-12:20 欧米の教育方法史
13:10-14:40 戦後50年の我が国のカリキュラム開発
14:50-16:20 オープン教育の特徴と課題

第2日:8月2日(火) 
 9:10-10:40 選択履修幅の拡大
10:50-12:20 中高一貫教育
13:10-14:40 総合的な学習のカリキュラム開発
14:50-16:20 目標に準拠した評価と少人数指導の導入

第3日:8月9日(火)
10:50-12:20 放送教育の原点
13:10-14:40 放送教育の新展開
14:50-16:20 学校の情報化と授業におけるIT活用 

第4日:8月10日(木)
 9:10-10:40 情報教育の体系化とその支援システム
10:50-12:20 メディア・リテラシーの育成
13:10-14:40 テスト

|

« 放送番組を重層的に分析することの重要性(「虎の穴」5期生第2回オフミでの議論から) | Main | もうすぐ「虎の穴」OB会 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 放送番組を重層的に分析することの重要性(「虎の穴」5期生第2回オフミでの議論から) | Main | もうすぐ「虎の穴」OB会 »