« 「授業研究論特講」(和歌山大学教育学部での集中講義)最終日 | Main | 教育実践研究の方法論(梶田叡一『教師・学校・実践研究』金子書房から) »

2005.09.02

教育学部の学生さん(和歌山大学教育学部での集中講義にて)

 何度もレポートしてきたように,今週4日間,和歌山大学教育学部教育実践学教室の専門科目「授業研究論特講」の集中講義を担当してきた。考えてみれば,平成12年8月に,岡山大学教育学部で「カリキュラム論」の集中講義を担当して以来,教育学部の学生と接する機会がなかった。
 だから,教員志望の強い学生さんの言動が新鮮だった。進路をたずねると,なんのためらいもなく「小学校教員です」と答える初任教師の苦闘を示す映像を視聴させると,自らの姿をそこにダブらせ,真剣な眼差しを向け,共感しているDSC00008
 大阪市立大学にも,教育について真剣に考える学生はたくさんいる。しかし,授業記録の教師の姿をここまで同一視するのは,やはり教員志望が強い学生が数多い,教育学部ならではの傾向であろう。こういうのもいいなと思った。

|

« 「授業研究論特講」(和歌山大学教育学部での集中講義)最終日 | Main | 教育実践研究の方法論(梶田叡一『教師・学校・実践研究』金子書房から) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 「授業研究論特講」(和歌山大学教育学部での集中講義)最終日 | Main | 教育実践研究の方法論(梶田叡一『教師・学校・実践研究』金子書房から) »