« 『学力向上ハンドブック』に載せる実践事例(Benesse教育研究開発センターとの共同研究) | Main | 小中連携教育の具体的なアクション(大阪教育大学附属平野小中学校) »

2005.09.05

『教育実習の手引き』の内容

 本日,本学で教育実習に行く学生に手渡している『教育実習の手引き』の改訂のため,自分が担当する「教科指導」の章の内容を検討し,旧版に加除訂正した。見出しは旧版と同じく,次のようなものである。
 1.教材研究のしかた
 2.学習指導案の書き方
 3.実習授業の前に
 4.授業形態
 5.実習授業の自己評価チェックリスト
 6.研究授業
 しかし,2.学習指導案の書き方や6.研究授業の内容はけっこう書き換えた。例えば前者であれば,評価規準や評価計画の項目を加えた。また,6,研究授業においては,その事後検討会が参加型,ワークショップ型で展開されるケースが増えてきたことを示唆した。
 時代が変われば,授業に,教育実習生に求められる,期待されるものが変わる。そのことを再認識した。

|

« 『学力向上ハンドブック』に載せる実践事例(Benesse教育研究開発センターとの共同研究) | Main | 小中連携教育の具体的なアクション(大阪教育大学附属平野小中学校) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 『学力向上ハンドブック』に載せる実践事例(Benesse教育研究開発センターとの共同研究) | Main | 小中連携教育の具体的なアクション(大阪教育大学附属平野小中学校) »