« 第56回放送教育研究会全国大会近づく | Main | 第56回放送教育研究会全国大会始まる(東京都練馬区立八坂中学校にて) »

2005.10.27

カリキュラム研究の名著を読む(平成17年度後期の大学院演習「学校教育学研究演習2」)

 17年度後期,大学院文学研究科・人間行動学専攻・教育学専修の学校教育学研究演習2で,David J. Flinders & Stephen J. Thornton (Eds) (2004) The Curriculum Studies Reader(2nd), Routledge Falmer, New York and Londonをテキストに取り上げている。この本は,カリキュラム研究の名著,主要論文のコレクションだ。前回,今回の講義では,「活動分析法」を提唱した,フランクリン・ボビットの論文を購読し,その今日的意義や限界について議論した。
 これからも,タイラーやパイナーなどの論文を購読し,この講義では,カリキュラム研究,とりわけカリキュラムの開発や評価についての系譜や潮流について受講生に会得してもらう。

|

« 第56回放送教育研究会全国大会近づく | Main | 第56回放送教育研究会全国大会始まる(東京都練馬区立八坂中学校にて) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 第56回放送教育研究会全国大会近づく | Main | 第56回放送教育研究会全国大会始まる(東京都練馬区立八坂中学校にて) »