« ロンドン第2日目(2005年度英国調査) | Main | ロンドン第4日目(2005年度英国調査) »

2005.10.21

ロンドン第3日目(2005年度英国調査)

 ロンドンでの3日目は,まず午前中に,Beavers Community Primary Schoolを訪ねた。いろいろ参考になることがあった。例えば,写真のように,教師が軽やかに,ICTを活用して,授業を展開していた。ICTコーディネーターたる教師は,「すべての教師がこのような形でICTを活用している」と述べていた。DSC00816それから,10%ほどの優秀児を抽出して実施している学習プログラムの企画・運営にも,日本ではとても実現しそうにないので,驚いた。
 カリキュラムコーディネーションについては,カリキュラム拡充コーディネーター(Curriculum enrichment co-ordinator)の存在に注目したい。もと教師のMairi Macleodさんが地域との連携を推進するために学校で雇用されている。彼女は授業を担当せず,地域との連携をカリキュラムに反映させ,また発展させるために腐心している。日本の学校には見あたらないタイプのスタッフだ。
 午後,ロンドン大学教育学部内に設置されている,The London Centre for Leadership in Learningを訪問し,そこで提供されている,リーダー養成のためのプログラムやコースについてヒアリングした。対象としているのは学校長だけでなく,ミドルリーダーの立場にある教師,さらには将来のリーダーを目指す若手教師向けに,各種プログラムが提供されていた。そしてそれらのプログラムは,受講生の問題解決的な学習として構成されており,スタッフは,それをファシリテートする。それゆえ,スタッフはすべて実務経験がある人(例えば現職校長,退職校長)であるとのことだった。

|

« ロンドン第2日目(2005年度英国調査) | Main | ロンドン第4日目(2005年度英国調査) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ロンドン第2日目(2005年度英国調査) | Main | ロンドン第4日目(2005年度英国調査) »